アルバイトやパートでもカードローン契約が出来るのか?

バイト

 

カードローン契約の利用条件には「安定した収入」という前提が入っています。

 

その為、正社員や公務員として働いている方しか借りられない。と誤解されがちですが、定期的な収入が証明できるならアルバイト・パートや派遣社員の方でもカードローン契約は可能です。

 

なぜ「安定した」という文言が入っているかといえば、賭け事や日雇いなどでの定期的な収入とは言い難い稼ぎ方で得た金銭は、カードローン審査では収入として認めない為です。

 

アルバイト・パート、派遣社員といった非正規雇用の方でも定期的に収入が約束されているなら、それは安定した収入といえます。

 

非正規雇用者のカードローン審査は年収額より勤続年数が要?

 

しかし、例えアルバイトや派遣社員で無職ではないとしても、働いている実績がなくてはローン審査で通りません。

 

つまり働き始めて1カ月も経っていないアルバイト・パート、派遣の登録だけをしたという状態では、申込んだところで融資はしてもらえません。

 

安定した収入の裏付けとして勤続年数が重要となってきます。

 

非正規雇用の方への融資での不安要素は、いつ仕事を辞めてしまって収入が途絶えるか分からない。というところにあります。

 

カードローン契約者の収入が途絶えてしまえば、貸し付けた金融機関は返済がしてもらえない恐れがあります。

 

その為、返済を確実にしてもらうためにも、なるべく長く同じところで働いている経歴があるという勤続の安定性もカードローン審査で重視されます。

 

最低でも同じ勤務先で1年以上働いていないと、非正規雇用の方の審査通過は難しいです。

 

時に、年収という点も特にアルバイト・パートの方はカードローン契約において不安に思うところではないでしょうか?

 

非正規雇用の方の収入は、どうしても正社員で働いている方より低くなりがちですから、実際カードローン審査でも差がでます。

 

こまる

 

ただし、年収200万円程度あるなら非正規雇用であっても、カードローン審査にまず通過しないことはありません。

 

また、年収200万円ないから絶対に融資が受けられないという事でもないです。

 

希望額が例えば10〜20万円ほどの少額融資ならどうしても200万円以上年収がなくてはいけないという事はありません。

 

年収は収入の証明と融資額(限度額)の精査の為の判断材料ですから、安定していて借りる金額の返済を行うのに無理がない金額であれば、基本的にはカードローンの契約締結には影響がないといえます。

 

しかし、カードローンの審査通過は安全圏であっても、希望額が高額な場合はその金額全てを借りられないかもしれない。という点でアルバイト・パートの場合はネックです。

 

一般的に初めてのカードローン契約で付く限度額は50万円くらいと言われています。

 

例えば、消費者金融で50万円を借りようと思うと、総量規制により年収が150万円以上は最低でもないと借りられません。

 

150万円を月給に割ると12万5千円、これを時給900円で割り1日当たりの労働時間数を算出すると約5時間です。(一ヶ月30日間毎日での計算。週休二日なら約6時間)

 

フリーターで働いているなら特に問題のなさそうな労働時間ですが、学生(二十歳以上)や主婦の方は難しいかもしれません。

 

ただ、50万円以下の限度額であれば、アルバイト・パートでも希望があるという事はこの収入計算で理解していただけるかと思います。

 

社会保険証はカードローン審査に有利?

 

本人確認の書類として、大体の方は運転免許証を提示することでしょう。

 

しかし、アルバイト・パートの方で社会保険証や組合保険証があるなら、そちらをカードローン申し込みの際には提示した方が有利になる可能性があります。

 

というのは、社会保険証は長期の労働日数や時間の証明になるので、働いている事実の裏付けになります。

 

特に、収入証明書が原則、不要で済む借り入れ額の場合は、本人確認書類を社会保険証にするメリットがあるといえます。

 

社会保険証は、雇用形態が必ずしも正社員でなくては取得できないわけではありません。

 

アルバイトやパート、派遣社員の方でも、正社員に匹敵する所定労働日数・時間(4分の3以上)での勤務しているなら、取得可能です。

 

社会保険証が持てるという事は、アルバイト・パートの場合それに匹敵する時間働いており、そこには時給がかかるわけですから、自ずと大体の年収を貸付側は把握できます。

 

つまり、社会保険証はカードローン審査のうえで、勤続の事実と大まかな収入の証明に成り得るのです。

 

ただし、社会保険証があれば、必ずしも希望の借り入れ条件で契約できるという事ではなく、あくまでカードローン審査でプラスの要素になるだけです。

 

銀行カードローンを組むなら預金口座があるところが狙い目!?

 

口座ある

 

また、非正規雇用者の方は消費者金融での借り入れが勧められることが多いですが、銀行カードローンは絶対組めないというわけではありません。

 

ただし、銀行によっては限度額50万円以上からしか設定されないところもあります。

 

すると、先述もしたように勤続年数が良くても年収という点でひっかかってしまう事があります。

 

銀行カードローンの場合、総量規制は関係ありませんが、限度額を決定する目安は年収の3分の1であると一般的にいわれています。

 

加えて、銀行の貸付は顧客サービスの一環で商品としてある場合が多いです。その為、口座開設が必要なこともあります。

 

そのような点も踏まえて、もし、アルバイト・パート、派遣社員の方が銀行カードローンを申し込むなら、口座が既にあり何年も使っているところをお勧めします。

 

というのも、カードローン契約を考えている銀行口座に給与などが振り込まれている場合、定期的に入金があることを銀行も把握し易く、収入の裏付けが取れるため、信用度が別の銀行で契約するよりアップする可能性が高いからです。

 

または、限度額の兼ね合いなどから、大手銀行よりも地方銀行といわれる地元の銀行のカードローンを利用するのも良いでしょう。

 

地方銀行は、専業主婦やアルバイト・パート、派遣社員の方への少額融資に寛容で、限度額も10万円や30万円から設定している事が多いです。

 

特に、地域限定(千葉県付近の関東限定)ではありますが、千葉銀行のちばぎんカードローンなどは収入証明一切不要としており、公式HPでアルバイト・パートの方への貸付も出来ることを積極的に謳っているのでおすすめです。

 

正社員や公務員は確かにカードローン契約において有利であり、非正規雇用の方はそれに比べると不利な面もあります。

 

しかし、まったく審査で相手にされないかと言えばそんな事はなく、ちゃんとローン条件に見合った返済能力があり、それが正確に証明できるのであれば十分な借り入れが可能です。

 

また、契約する金融機関を吟味することで契約率もさることながら、契約後のカードローン利用のしやすさにも繋がるので、むやみに限度額が高いところや金利が低いところを片っ端から申し込むようなことはしないようにしましょう

 

あくまで、自分の返済能力に見合ったところに申込む事がなにより審査通過に繋がります。

 

年齢もカードローン審査に関わる?

 

カードローン審査では、アルバイト・パートのような職種や役職に加え、年齢も借り入れ希望者の属性として精査されます。

 

そこで、業種にもよりますがアルバイト・パートの場合、意外とこの年齢が審査通過率や借入可能金額に関わってくることがあります。

 

とはいっても、厳密に20代だから審査落ち、50代だから貸付額はいくらまで、という絶対の制限があるわけではありません。

 

しかし、信用履歴は20歳以上の方が履歴を積み易いですから、20代の学生アルバイトより30代のパートの方がそういう点で有利でしょうし、勤続年数や収入でいえば40〜50代の方のが属性点は高いかもしれません。

 

つまり、年齢ごとにカードローン審査に有利な点が変わったりし、その有利な点の指標に見合うとより審査通過率や借入額が上がってくるという事です。

 

逆に、本来なら働き盛りの年齢であるのに、やたらとカードローン申し込み時の勤続年数や年収が低い。というような場合は、年齢という属性点は高くても別の項目でマイナスされる可能性もあるという事です。

 

歳をとるのは避けられない事ですが、日本という国は経歴に何かと重きを置きたがる国です。

 

海外のローン審査などは、高齢でも申し込み時の資産や年収が高ければ、よほどのことがない限り契約できるという話も聞きます。

 

残念ながら日本のカードローン審査ではそういうわけにはいかないので、アルバイト・パートの方に限りませんが、年相応の信用と収入が求められます。

 

また、もし70歳以上の方でパートのように安定した収入があったとしても、カードローン契約は出来ない場合が多いです。

 

カードローンの利用条件で定められる年齢は満20歳〜最高でも満69歳の範囲内までとしています。

 

その為、70歳という高齢にも関わらずパート職に就いていたとしても、民間のカードローン契約は残念ながら出来ません。

 

しかし、高齢者の方でも収入があるなら、政府系金融機関からの借り入れ制度が利用できる可能性が高いので、そちらをあたってみるのが良いでしょう。