多重債務でもカードローン審査に通るのか?

金袋

 

金融庁は5件以上の借り入れ契約をしている人を多重債務者と表現しています。

 

しかし、実際カードローン審査の観点からいうと4件以上で多重債務といってもやぶさかではありません。

 

というのも、一般的に他社借り入れというのは3件以上で新規のカードローン審査に通過しにくくなるからです。

 

中小消費者金融では借入件数が4件以上でも審査に通る可能性はありますが、大手消費者金融や銀行では厳しいというのが現実です。

 

加えて、例え中小消費者金融を含めて4件以上借り入れが出来たとしても、消費者金融からの貸付には総量規制が適用され、年収の1/3ぎりぎりでの貸付は嫌う傾向にありますから借入額は10万円前後が限界となる事でしょう。

 

総量規制が問題なら、総量規制の対象外である銀行でのカードローン審査に、他社借り入れ件数が影響するのはおかしいのではないか?

 

そう考える方もいるかもしれませんが、銀行の貸金業は所謂、商品の一つであり消費者金融のようにそこだけの利益に拘る必要がありません。

 

その為、貸し倒れの可能性が見受けられるような顧客と契約するリスクを取ってまで、貸し付けるメリットが銀行にはありません。

 

しかし、他社借り入れが嵩んでいる場合の銀行での新規契約は厳しくても、おまとめローンなら審査に通ることがあります。

 

多重債務でも、大手消費者金融や銀行でなければ新たに契約できることも稀ですがあります。

 

ただし、他社借り入れが4件以上は勿論、借り入れ件数が2〜3件になってからの新規契約はあまりお勧めしません。

 

はっきりいって既に借りているローンの利用や信用情報において、借り入れ件数は嵩むほど悪影響を及ぼします。

 

それぞれの借り入れ先の残高がすべて完済出来れば、それはローン利用実績になり信用情報にもプラスになります。

 

しかし、またがって借り入れ・返済中である場合の他社借り入れは、それぞれの金融機関にとって貸し倒れリスクに他ならないのです。

 

多重債務の場合は新規契約よりも借り換え・おまとめ契約を優先させる?

 

2〜3社から借りている状態で、さらに1件新規借り入れを考える前に、既存のローンを借り換え・おまとめすることを考えましょう。

 

完全な多重債務になってしまってからでは遅い場合がありますから、1件でも借入先を増した場合はどこかで一度返済計画などを見直して借り換え・おまとめを検討するのが良いです。

 

2〜3社で借りていて現段階ではまだ返済に無理がない、その中の借入先の一つは銀行である。というような場合でも、借り換え・おまとめをするメリットは大いにあります。

 

また、それくらいの他社借り入れ件数であれば借り換え・おまとめローンの審査で落ちてしまう可能性が低く抑えられるという点でも、早い段階での借り換え・おまとめローン利用はお勧めできます。

 

4件以上の多重債務ほど借入先が多くないにしても、複数から借りている状態というのは先述した総量規制の兼ね合いなどで借りる金額が少額になりがちな分、金利も高めな事が多いです。

 

つまり、少額を複数社から借りていると、一つの金融機関からまとまったお金を借りるよりも、返済にかかる利息が嵩み返済総額が大きくなってしまっている可能性があるのです。

 

その為、借入先を安易に増やすことは避けるべきといえます。

 

多重債務に片足が入りかけの3〜4社借り入れ先がある場合は、先述した返済総額負担の差も踏まえて、新規で借り入れる事を考えるより、早急に現在のローン利用状況を見直しましょう。

 

金利設定も踏まえて毎月の返済額に無理がないか、どこかに借り換え・おまとめした方が金利が低くなってその利息分が浮くのではないかという事を、複数でローン契約している場合は優先して考えることが大切です。

 

おまとめローン審査に落ちてしまう事もある!その原因は?

 

落ちた

 

時に、多重債務になってしまっておまとめをしたいと思っても、それさえできない事があります。

 

おまとめも4件以上は大手消費者金融やメガバンクの審査に通らないということか?といえばそうではありません。

 

おまとめローンは他社借り入れがあるからこそ検討するものですから、借入件数についてはおまとめローン審査でそれほど問題にならないこともあります。

 

ただし、借入先が5件以上となると、おまとめローンでも多少審査結果に影響が出てきます。

 

では、何がおまとめローンの審査で重要かといえば、借入額の総額と返済能力が特に精査されます。

 

属性がそれなりで、それまでのローンの返済が滞ったことがなければ、借り入れ件数は問題にならない可能性が高いです。

 

しかし、直近の返済遅延や延滞、過去に金融事故を起こしているという履歴が信用情報に残っていると新規カードローン契約時の審査同様、おまとめローン審査でも落ちます。

 

もし、延滞(3ヶ月以上の返済遅延)まではいかなくても、何度も短い遅延とはいえ繰り返していれば、貸付側は貸し倒れリスクが高いとみなし、おまとめローン審査に落ちる原因になります。

 

また、短期間で一気に申込んで借りたローンをすぐにおまとめすることは出来ないので、そのような点も注意してください。

 

返済が滞っているなら債務整理

 

多重債務の状態で返済も滞っていて、借り換え・おまとめの希望もない場合は、債務整理を検討してください。

 

債務整理=自己破産というイメージが強いですが、債務整理の方法は自己破産だけではありません。

 

自己破産より前に、任意整理や個人再生という方法で嵩んでしまった債務を解決できる場合もあります。

 

また、自己破産の破産という表現のインパクトが強い為に、まるでその後の生活がお先真っ暗…のように思うかもしれませんが、余程贅沢な暮らしをしていなければ、特に極端に生活が変わることはないです。

 

というのも、自己破産をすると財産(土地・持ち家・車など)の差し押さえはありますが、生活必需品や一定金額(時価20万円)以下の物は差し押さえの対象にならないからです。

 

債務整理後にクレジットカードなら使えるのか?

 

取り上げ

 

債務整理後は、金銭借用契約の類は最高5〜10年の間は出来ません。

 

その為、クレジットカード契約も不可能で、ショッピング枠だけの利用だとしても利用は出来ません。

 

もし、債務整理後でも現金ではなく、カード決済に拘るならデビットカードまたはプリペイドカードであれば新規契約・作成が可能です。

 

というのは、クレジットカードやカードローンの場合は、お金を前借して返済する仕組みですが、デビット・プリペイドカードの場合に利用できるお金は自分の手元にある分だけです。

 

つまり、借り入れ契約ではないので与信(信用情報)が問われません。

 

その代り、自身に収入がなければ、カードを作っても使えるお金は勝手に沸いてきません。

 

それならデビット・プリペイドカードを契約しても意味がない!という方こそ、「借りる」という発想から脱却するためにも、この2種類のカードを持つべきです。

 

デビットカードやプリペイドカードは、何かの購入決済にカードを使う事で、電子マネーやポイントが貯まる特典が付いていることが多いです。

 

電子マネーやポイントは、現金の代わりに支払い時に利用できますから、貯めた分なにかしらの出費が減るわけです。

 

基本的に、借入先をどんどん増やす方は、出費が削れない方が多い事でしょう。

 

その為、買い物をカードでした分だけポイントが貯まり、何かの機会に割引として利用できるという仕組みのカードを持つことで、出費することで疑似的にお金を貯める仕組みを確立させることがオススメです。

 

現金で支払いをしても、特に何も還元されるものはありません。

 

しかし、デビットカードやプリペイドカードを使えば、契約時に与信も問われず、端的に言えば買い物をカードでするだけで、現金に代わる電子マネーやポイントが貯められるのです。