借り換え・おまとめカードローン審査は通りやすい?

 

カードローン審査は基本的に各銀行、各消費者金融それぞれの審査基準の違いはあるものの、通過がしやすい・甘いといった審査はありません。

 

ところが、カードローン借り換え・おまとめの審査は、目的によって多少その通過率に影響が出てきます。

 

勿論、通常のカードローン契約と同じように、返済遅延や延滞をしていたり、金融事故履歴がある場合は、、借り換え・おまとめの審査でも落ちる事必至です。

 

また、おまとめローンの場合は、借り入れ件数が嵩んでいるからこそするのだから、4〜5社借入先があっても審査に影響ないでしょう?
などと思われる方もいるかもしれませんが、それは大きな勘違いです。

 

借り換えでもそうですが、おまとめでこれから一本化するからといって借入件数は審査にまったく関係ないという事はありません。

 

4社まではローン利用実績や属性でなんとかおまとめできる場合が多いですが、5社以上は一般的にはおまとめでも審査に通らない可能性が高いです。

 

ここから本題ですが、では逆に借り換え・おまとめの審査が良い方向に影響が出る場合はどういった目的かといえば、完済だけを目指す場合です。

 

総量規制例外貸付や追加借り入れが出来ないフリーローンでの借り換え・おまとめは、契約後、一括で借入れた後返済一徹になるため、通常カードローンよりも貸付側からして貸し倒れリスクが低いと判断されます。

 

そういった条件での返済一徹での借り換え・おまとめ専用のカードローンやフリーローンは、契約先での追加借り入れと他社での新規借り入れ契約が完済まで出来なくなります。

 

その為、契約した以上の債務を借り入れ側が新たに背負う事がありません。
加えて、借り換え・おまとめ契約者は返済だけをするので、最低限の年収を含む属性と健全な信用情報があれば、まずそういった完済をするための借り換え・おまとめ審査で落ちることはないでしょう。

 

ただし、借り換え・おまとめ後も借り入れが自由に出来る銀行カードローンなどへの借り換え・おまとめの審査は、新規契約と同等または、借り換え・おまとめ額が高額である場合は厳しいといえます。

 

つまり、追加で借り入れが出来ない借り換え・おまとめ契約であれば、新規カードローン契約より貸し倒れリスクが低い為、審査が通りやすいのです。

 

借り換え・おまとめをするタイミングに注意が必要?

 

借り換え・おまとめでも、ローン利用履歴や信用情報が審査で精査されることは先述した通りです。

 

その為、返済が滞り始めてから借り換え・おまとめを検討していては遅いです。

 

基本的に、借入先はなるべく少ないに越したことはありませんし、借入残高も例えば総量規制が関係するなら年収の3分の1ぎりぎりまでも増やさない方が良いです。

 

理想としては、返済に余裕を持てなくなったら(例えば、随時・上乗せ返済が一切できないような金銭状況)、借入先が2社以上になったらすぐ借り換え・おまとめをどこかでするのがおすすめです。

 

ただし、追加借り入れが出来ない借り換え・おまとめをする場合は、借り入れが出来なくても生活に困らないか?という事も考慮して契約する必要があります。

 

無理に返済一徹でのローン利用をして、けっきょっく返済が滞っては意味がありません。

 

もし、借り入れ金がないと生活できないが、残高の返済も今のままでは出来ない…。という場合は、債務整理を考えた方が良いでしょう。

 

どうしても債務整理は避けたいという場合は、一度公的融資を受けてローン完済後、公的融資の方の返済をしていくというのも手かと思います。

 

公的融資の金利は民間の金融機関よりも、圧倒的に低いです。しかし、審査や融資までには時間や手間がかかることは覚悟しておきましょう。

 

借り換え・おまとめは銀行もしくは大手消費者金融でするのが良い?

 

時に、借り換え・おまとめ契約をするなら銀行か大手消費者金融を利用することをオススメします。

 

特に、出来れば銀行カードローンを借り換え・おまとめ先にした方が、金利が低く返済がしやすくなるといえます。

 

ただし、中には信用履歴などから、銀行カードローンを選べないこともあるでしょう。

 

その場合、おまとめ目的なら、例えそれほど低金利にならなくても大手消費者金融1社に複数の借り入れをまとめた方が良いといえます。

 

消費者金融から消費者金融への借り換えは、金利も変わらず、毎月の返済額も低くなることもないので、敢えてする必要はないでしょう。

 

なぜ、そんな当たり前のようなことを説明するかといえば、昨今は中小消費者金融でも借り換え・おまとめをローンプランとして扱っていることが多いからです。

 

中小消費者金融で借り換え・おまとめをしたところで、金利は下がらない、返済(随時・上乗せ返済含む)はしにくくなる、などメリットがほぼありません。

 

加えて、中小消費者金融の借り換え・おまとめを扱っている中にはヤミ金融が紛れていることも多いです。
借り換え・おまとめ審査なし!や金利厚遇あり!などと大々的に謳っている名前も聞いたことのないような中小消費者金融は要注意です。

 

借り換え・おまとめ後は、残高を一度完済するまで、追加融資を受けることも新規借り入れ契約をすることも出来ません。

 

加えて、返済しかできない中でも少しでも利息をおさえるなら、返済にATM手数料や振込手数料をかけている場合ではありません。

 

また、中小消費者金融の場合は、約定返済日しか返済を受け付けていないと事もあります。

 

カードローンの残高にかかる利息は、返済期間を短くすることで抑えることが可能ですから、それには繰り上げ返済や随時返済が出来た方が絶対に借り入れ側にとって都合が良いでしょう。

 

確かに中小消費者金融は大手消費者金融では借り入れが出来ない人の受け皿ですがが、借り換え・おまとめの場合は、中小消費者金融を利用するよりは、別の方法を取っての借り入れ状況の改善を図った方が建設的といえます。