カードローンって何か説明できますか?

説明

 

昔よりカードローンや消費者金融が身近になってきた昨今、ちょっとしたお金の足しに契約を考えている方も少なくないでしょう。

 

各金融機関がそれぞれ提示しているカードローンの内容については、本気でそこでの借り入れを検討している方であれば、よくよく理解していると思います。

 

ところが、「じゃあ、カードローンって何?どう使うの?」と聞かれたとして、カードローンそのものについて説明が出来るか、今一度考えてみてください。

 

なにも、金融機関を並べてカードローンの貸付条件や申込から借り入れまでの流れを比較したりしてどこが良いかプレゼンする。という事ではありません。

 

もっとザックリとした枠で見たときのカードローンの基礎的な要点がつかめている事が大切です。

 

借入契約・ローンを組むとは?

 

おかね

 

まず、ローンというのは住宅ローン、マイカーローン、カードローンなど色々種類がありますが、ローンとはお金の貸し借りの契約(金銭借用契約)です。

 

そこから!?と思われるかもしれませんが、大切なことです。

 

ローン契約は、お金を借りて返すことで成り立つ契約です。

 

住宅ローンやマイカーローンは、それぞれ資金用途がローンプラン名に冠されている物、住宅なら家、マイカーなら車やバイクなどに関する物に利用するための資金としての利用に限定されます。

 

そのように資金用途が限定されるローンは目的ローンといわれますが、それに対して、カードローンは資金用途自由の多目的ローンとなっています。

 

加えて、カードローンは名前の通り、基本的にはローンカードを契約締結と同時に受け取り、そのカードを使ってATMや自動契約機(キャッシュディスペンサー)から借り入れ・返済が自由に出来ます。

 

目的ローンや銀行のフリーローンなどは、契約後に一度必要な分だけ融資を受けたら後は返済をしていくだけですが、カードローンの場合は借り入れ・返済を繰り返し簡単に出来るのが特徴です。

 

ちなみに、最近のカードローンは、ネットバンキング機能を利用することで、振り込み融資・口座引き落とし返済が可能でローンカードのないカードレス契約が出来るようにもなっています。

 

カードローン契約は、消費者金融や銀行で出来ます。

 

今では各金融機関店舗窓口は勿論、自動契約機やWEBサイトからも借り入れの申し込みが出来ます。

 

主流は、大手消費者金融(プロミスやアコム等)と銀行(三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行)のカードローンです。

 

カードローンの注意点としては、契約時に貸付側に決められた限度額(または極度額)の内であれば、いつでも利用者の都合で借り入れが可能である為、常に借り入れをしている状態になりがちであることです。

 

返済は借りた金額(元金)の分だけではなく、貸付条件に提示されている金利で割り出される利息分も合わせて支払いをします。

 

ただし、各金融機関が提示している返済額(約定返済額)に、自分で利息分を別途で払うわけではありません。

 

毎度の返済額は、借りた金額そのもの=元金への返済分と利息分の両方を合わせた金額になっているため、最低限定められている返済額を支払えばその都度の返済は完了します。

 

その際、ずっと借り入れを繰り返し、借りた金額以下の金額のみの返済を続けていると完済するまでの返済期間が延び、その分利息が嵩んでしまいます。

 

その為、カードローンではなるべく金利が低い方がよく、早期完済が理想です。

 

クレジットカードキャッシングはローン?

 

くれか

 

余談ですが、カードローンの他にもクレジットカードのキャッシング枠を利用することで、現金が借りられます。

 

ショッピング枠に関しては、あくまで購入代金の立て替えなので、ローンではありませんが、キャッシング枠の利用はローン契約と同じことです。

 

その為、クレジットカードキャッシングの利用であれば、借金・ローンではない!というのは大きな勘違いなので、注意しましょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、借り入れ残高・件数でもカウントされるので、信用情報に悪影響のない利用を心がけましょう。

 

消費者金融と銀行のカードローンの違い

 

質問

 

カードローンの利用(借り入れ・返済)の仕方や仕組みに大きな違いが、消費者金融と銀行の間であるわけではありません。

 

しかし、一つ重大な違いは貸金業法の総量規制という法律の適用です。

 

消費者金融は総量規制の適用対象であり、原則、契約者の年収の3分の1を超えない範囲での貸付額となります。

 

この制限のために、自身の収入がない専業主婦(主夫)は消費者金融で契約をすることが出来ません。

 

加えて、1社との契約で50万円以上、他社借り入れと併せて100万円以上の金額での契約となる場合、収入証明書の提出が必須です。

 

ところが、銀行は貸金業法ではなく銀行法の管轄である為、上述したどちらの制限もありません。

 

銀行でのカードローン契約は、総量規制除外貸付となっています。

 

この最重要な総量規制以外に、カードローン契約においての消費者金融と銀行の違いを上げるならば、限度額や金利でしょう。

 

昔は最短即日融資なら消費者金融!という風潮でしたが、最近は銀行カードローンでも、借り入れ側が契約先の銀行口座を持っていたり、自動契約機を利用することで最短即日融資に対応しています。

 

加えて、限度額や金利面では銀行カードローンの方が消費者金融のものより、貸付条件が良いです。

 

限度額は、消費者金融では大手でも最高で800万円(モビット・アコム)ですが、銀行カードローンでは最高限度額1000万円を取り扱っているところがあります(みずほ銀行)。

 

金利に関しては、下限金利と上限金利(例:下限=3.0%〜上限=18.0%)がありますが、消費者金融でも銀行でも大体は上限金利での貸付になります。

 

平均でみると消費者金融の上限金利は18.0%、銀行の場合は14.5%くらいとなっていますから、利息支払いが少なくて済むのは銀行カードローンです。

 

では、消費者金融でカードローン契約するのは良くないのか?といえば、正直なところ利用者の状況によります。

 

消費者金融は金利が高めな分、カードローン申し込み時の利用者の要望に柔軟にサービスとして対応しています。

 

例えば、借り入れをしている所を誰にも見られず、家族に知られるのを避けるために郵送物をなしにしたい!といった際にもってこいなWEB完結契約は、現在、消費者金融でしかできません。

 

銀行カードローンもWEB申し込み完結は対応していますが、契約書の郵送は避けられないことが多いですし、もし郵送でなくても自動契約機での発行となるので、人目に付く場合があります。

 

以上のような違いをおさえておけば、あとは自身の借入希望と返済計画に合う金融機関を探すだけといえるでしょう。

 

銀行カードローンならキャッシュカードでの契約も可能?

 

時に、カードローンを取り扱っている銀行の口座があるなら、キャッシュカードにローン機能を付帯させるカードローン契約も可能です。

 

このカードローン契約は、銀行口座とキャッシュカードを既に持っていることが前提の、銀行カードローンならではの契約方法といえます。

 

キャッシュカード付帯型ローン契約は、最短即日融資に対応していることが多いです。

 

というのも、手元にあるキャッシュカードにローン機能を付帯させるので、契約後すぐに手元のキャッシュカードで借り入れが可能になるからです。

 

加えて、ネットバンキングに登録しており、平日15時までに契約締結と振り込み申請を行えば、振込での最短即日融資も受けられます。

 

また、キャッシュカード付帯型ローンの場合、大体の銀行カードローンが自動貸越のサービスをしています。

 

自動貸越とは、口座引き落としなどの際に、契約者の口座残高不足で、本来なら引き落としが不可となってしまうところを、不足額分だけ口座に自動振り込み融資してくれるサービスです。

 

そのような便利な機能もある反面、キャッシュカードにローン機能を付帯すると、提携ATMが一部利用できなくなるデメリットもあります。

 

ローンカードでの借り入れ・返済を主に利用するなら、カードローン専用ローンカードでの契約をおすすめします。

 

カードローン契約が不可能な場合はあるのか?

 

からっぽ

 

時に、カードローンの借り入れ条件は、安定した収入が前提です。

 

そのため、消費者金融も銀行も無職の方、生活保護を受けている方への貸付は行っていません。

 

無職でも専業主婦(主夫)場合は、配偶者の収入をカードローン審査することで契約できる配偶者貸付があります。

 

ところが、そうでない場合の無職の方は、カードローン契約をしたところで収入の証明が出来ず、貸付側は返済されるかの判断のしようがない為、融資することが出来ません。

 

また、ギャンブルや日雇いでの収入は安定性に欠けるので、カードローン利用条件に当てはまりません。

 

失業など訳があって無職で生活に困窮しているという場合は、民間のローン契約などではなく、生活福祉資金貸付などの制度の利用を勧めます。

 

生活保護者への貸付不可に関しては、生活保護費はあくまで最低限の生活を営むための国からの助成金なので、生活保護者の収入とは言えませんし、それを返済金とすることは出来ません。

 

債務整理中は絶対借り入れ不可

 

加えて、任意整理・個人再生・自己破産などの債務整理中もカードローン契約は出来ません。

 

債務整理をしているという事は、何かローン契約などの類で既に金融事故を起こしているという事です。

 

すると、カードローン契約で重要なカードローン審査(与信審査)で必ず精査される信用情報に、異動情報が記載されているはずです。

 

異動情報が信用情報から消えない限り、カードローン契約も出来なければ、クレジットカードも作成できません。

 

債務整理中であったり、まだ異動情報が記載されている与信状態では、安定した収入があったとしてもカードローン契約は出来ません。

 

一部の街金といわれる小規模貸金業であれば、契約可能と謳っていることもありますが、闇金が紛れているリスクが高いのでオススメしません。

 

債務整理手続きが完了し、喪が明けて(異動情報がなくなる事)から綺麗な与信で、カードローン審査に臨むようにしてください。

 

異動情報がなくなるには5〜10年を要し、その間一切借り入れ契約の類は出来ないので、信用情報は一度真っ白になります。

 

その際、40代以上で直近の信用情報としてクレジットカードの履歴もないとなると、金融機関は「債務整理後だろう」と判断して貸し渋りをする可能性が否めません。

 

一度金融事故を起こすと、その後の与信審査のハードルがカードローン契約に限らず高くなります。

 

その為、カードローンが無事に契約できたとして、債務整理をしなければいけない状態にならないように気を付けましょう。


カードローン基本ポイント記事一覧

カードローンはお金を借りて返す契約をするものですから、当たり前ですが借りたものは必ず返さなくてはいけません。ところが、カードローンの返済方法は様々あり、金融機関によっても違ってきます。加えて、同じ返済方法でも借り入れ先が違うと、返済の際に手数料が発生したり、約定返済日以外での返済が特定の返済方法では出来なかったりと細かい差異があったりもします。しかし、なかなかそんな細かい違いまで各金融機関について...

学生でも満20歳以上で、アルバイトでの安定した収入があるのなら、カードローン契約は可能です。カードローンは基本的に、担保や保証人が不要で借り入れが出来るので、親の同意書などの必要もありません。ただし、どこでも契約できるというわけではなく、学生でも貸付可能としている金融機関でのカードローン契約となります。学生でも貸付対応をしている金融機関は、主に以下の通りです。プロミスモビットアコム三菱東京UFJ銀...

カードローンだけに関わらず、ローン契約では信用情報が審査通過の要となっています。度々、その信用情報に返済遅延や延滞があると審査落ち、金融事故のような重大な異動情報がみられる場合はどこでもローン契約の類は出来ず、クレジットカードさえ利用停止になると注意喚起されています。それらは、どちらかというと何らかのローン契約をしたことがある、または、現在進行形で借り入れ中だがさらに追加で借り入れ契約をしたい場合...

通常のカードローンのほかに、実はキャッシュカードを使ってカードローン契約する方法があります。キャッシュカードを利用するので、銀行口座がある事が前提ですし、口座のある銀行がキャッシュカード併用型カードローンを取り扱っている必要があります。キャッシュカード付帯カードローンのメリットは、契約時に振り込み融資・口座振替をするのに利用登録をした銀行口座から、何かの支払いでの口座引き落としの際口座残高が足りな...

カードローン審査がレディースローンであれば、ハードルが低いなどという事はあり得ません。貸付条件に関しても、どの金融機関も金利や約定返済額(最低返済額)が通常のカードローンより低く済む。といった優遇もありません。しかし、限度額に関しては、借り過ぎないようにあらかじめ通常のカードローンより低く設定できる事が、レディースローンには多いです。ただ、高額の借り入れがしたい場合には、そのサービスは裏目に出る事...

金融機関によっては、初めてのカードローン契約で無利息期間が与えられることがあります。無利息期間とは、文字通り利息がかからない期間のことです。基本的に利息は借入日数分だけかかってきますから、利息がかからない期間があるという事はその分返済する額が少なくて済みます。無利息期間サービスは、銀行よりも消費者金融の方が取り扱っていることが多いです。無利息期間のあるカードローンプロミス=30日間 アコム=30日...