返済方法の種類各メリット・デメリットは?

 

カードローンはお金を借りて返す契約をするものですから、当たり前ですが借りたものは必ず返さなくてはいけません。

 

ところが、カードローンの返済方法は様々あり、金融機関によっても違ってきます。
加えて、同じ返済方法でも借り入れ先が違うと、返済の際に手数料が発生したり、約定返済日以外での返済が特定の返済方法では出来なかったりと細かい差異があったりもします。

 

しかし、なかなかそんな細かい違いまで各金融機関について調べて比較するのは骨が折れます。

 

その為、一般的なカードローンの返済方法はATM返済ですから、とりあえずその返済方法1つだけ分かっておけばいいや!という方も少ない事でしょう。

 

確かに、ATMを利用しての返済は一番わかりやすく、またコンビニなどで手軽に利用が可能で利便性が高いです。

 

ただし、その際ATM手数料をあまりにも意識せずに、借り入れも含め何度も利用していると、カードローン契約時には気にかけていたはずの利息以上の金額を、場合によっては手数料として支払ってしまっている事があります。

 

勿論、貸付側が手数料無料としている自社ATMや提携ATMをちゃんと見極めて利用しているなら、特に問題はありません。

 

しかし、利用できるATMから適当に返済をしている場合は要注意です。使えるATMと手数料がかからないATMはカードローンにおいて別物です。

 

ATM返済は、上述したように手数料がかかってしまう可能性があることがデメリットですが、それでは他の返済方法はどうなのか?という事を、ここでは各カードローン返済方法に分けて特徴を説明していきます。

 

  • ローンカードを利用してのATM返済

     

    ATM返済について、さらに詳細を説明します。
    (その他の返済方法については下記になっていますので、そちらが知りたい方は飛ばしてください。)

     

    ATM返済のメリットは、約定返済日の各金融機関の期限の時間までの間、自身のタイミングで上乗せ返済や随時返済も含めて自由に出来る事です。
    コンビニATMからであれば、早朝や深夜でも返済が可能なので基本的には時間を選びません。

     

    ただし、時間外利用や消費者金融の場合は手数料無料で利用できる提携ATMが少ない事もあって、借り入れでも返済でもATM利用時に手数料が大体、1万円以下=100円と消費税、1万円以上=200円と消費税というようにかかります。

     

    消費者金融でATMでのカードローン返済をする場合は、駅の近くに大体手数料無料の自社ATMが設置されていることが多いです。
    その為、生活圏に契約先の自社ATMがあるなら問題はないといえます。

     

    また、通帳に返済の記録が残らないので通帳を家族間で管理している場合などには、カードローン利用がバレずに済みます。

 

  • 自動口座引き落とし(口座振替)返済

     

    約定返済日に、借入先に登録した銀行口座から自動で約定返済額分が引き落とされる為、返済忘れが防げます。

     

    また、ATM利用や銀行振り込みでの返済のように手数料がかかることがない為、借り入れ側にとっては余計な支出をする必要がありません。

     

    ただし、随時返済の自由度が低い場合があり、約定返済日の返済以外は銀行振り込みでの返済にしか対応していない事が多いです。
    その際には振込手数料がかかってしまうことがあります。

     

    貸付側の金融機関の指定する銀行口座がないと、自動口座引き落としでの返済が出来ない場合があります。
    自動口座引き落とし返済が利用したい場合は、自前の銀行口座が返済用口座として借入先で利用できるかに注意をしてカードローン契約をすることが大切です。

     

    加えて、カードローン利用を通帳に記録されたくない場合は、ネットの会員ページでカードローン利用明細を確認できるように設定をする必要があります。

 

  • 銀行振り込みでの返済

     

    ATMまで赴く必要なく、銀行が振り込み業務に対応している時間内であれば、自分のタイミングでの返済が可能です。

     

    ところが、振込手数料がかかる事が多い為、もし借入先の返済方法に銀行振り込み以外があるなら、その他の返済方法を選ぶ事をお勧めします。

     

    ただし、利用している銀行口座と借入先の金融機関の提携関係によっては、月に何回までの振り込みなら手数料無料で可能というサービスがあるカードローンもあります。

     

    どうしても銀行振り込みで返済がしたい方は、そういったサービスのある金融機関でカードローン契約をしましょう。

     

    銀行振り込みの場合、通帳に記録が残ってしまいます。カードローン利用の通帳への記録を避ける手立ては口座引き落としの時とは違い、銀行振り込みの場合はありません。

 

以上のように、カードローンの返済方法にはそれぞれメリット・デメリットの両方があります。

 

自分が普段利用している銀行口座や生活圏内にあるATMの種類などによって、それぞれどの方法でカードローン返済をしていくのが良いか変わってくると思います。

 

また、カードローン利用を家族などに内緒で契約したい場合は、契約や借り入れの方法だけでなく、返済方法も考慮するとなるべく誰にも知られることなくカードローンが利用できます。

 

時に昨今は、借り入れ方法も振り込みでの融資が便利で、ネットバンキング機能を利用してのカードローン利用がネットや金融機関の公式アプリなどから出来て利便性が非常に高いです。

 

そのような点や返済時に手数料がかからずに済むことなどを考えると、何かしらの銀行口座を持っている方には口座引き落としでの返済がおすすめ出来ます。

 

カードローン返済がしやすい借入先金融機関は?

 

普段の約定返済がしやすいカードローン借入先は、利用者の方それぞれの要望や状況によって変わってくるのは先述した通りです。

 

では、それ以外の基準で返済がしやすいカードローンの契約先の条件は何かというと、ズバリ、上乗せ返済・随時返済(臨時返済)が自由に可能な事です。

 

毎月支払う約定返済額は最低返済額(ミニマムペイメントとも)いわれ、その金額だけで毎月返済していると、実は元金がなかなか減っていきません。

 

特に、借り入れ残高や限度額が少額の場合は返済額も5千円未満の低額になりがちですが、そのまま支払っていると返済期間が必要以上に長くなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

加えて、約定返済額の何割かは利息支払い分であり、ローンの返済として支払った金額全てが残高に充てられるわけではありません。

 

その為、なるべく上乗せ返済や随時返済をした方がその後、完済までにかかる利息額が低額に抑えることが出来ます。

 

以下に、上乗せ・随時返済がしやすいカードローンをまとめてみました。

 

オリックス銀行カードローン

約定返済日の増額(上乗せ)口座引き落とし、提携ATMからの上乗せ返済可能。随時返済も、提携ATMから可能で終日手数料無料。返済専用口座を登録して約定返済日より前に、その口座に振り込んでの随時返済にも対応。手数料はかからない。口座開設は不要。(ただし、オリックス銀行、他ネット銀行、ゆうちょ銀行などの銀行口座は引き落とし利用不可)

三井住友銀行カードローン

各種ATM、ネットバンキングからの随時返済が可能。テレホンバンキングにも対応。約定返済日の上乗せ返済は各種ATMから。約定返済日より前に臨時返済をすると約定返済期日は繰り越し(翌月に)なる。(約定返済額以上での臨時返済が必要)口座引き落としを使うなら三井住友銀行口座が必要

新生銀行カードローン レイク

ネットバンキングでパソコン・スマートフォン・アプリまたは携帯電話から随時返済が可能。全国の提携コンビニATMからも手数料無料で随時・上乗せ返済が可能。(毎月第3日曜日は20時までの利用時間)新生銀行の口座開設は不要。WEB返済での随時・上乗せ返済を利用したい場合はネットバンキング可能な他銀行の口座があれば利用可能

プロミス

ネットからの振込返済での随時・上乗せ返済可能。振込手数料はプロミス負担で0円。(三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行口座に限る。)ATMからも随時返済可能だが、プロミスATMと三井住友銀行ATMのみが手数料無料。その他の提携ATMの利用は約定返済でも随時返済でも手数料がかかる。

アコム

ネット返済可能で振込手数料は無料。ただし、主にPCからの利用に限られる。
(利用できる銀行口座は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行、りそな銀行など。他、地方銀行も一部対応。)
提携ATMからの返済は手数料がかかります。

 

手間がかかる方法での随時返済・上乗せ返済は気が乗らなくなってしまう事もあるでしょうから、なるべくPCやスマホからいつでも自分の都合でどこからでも返済可能なネット返済が可能な金融機関でのカードローン利用が返済がしやすいといえるでしょう。

 

加えて、ネットからの随時返済や口座引き落としの上乗せ返済は手数料が省けることが多いので、それらが利用できる金融機関がおすすめです。

 

返済の利便性を考えるなら利用する銀行口座を選ぶ?

 

ここまでどのようなカードローン返済方法が借り入れ側に取って得か述べてきました。

 

そこでいえるのが、カードローンでうまく返済をするには、金融機関が対応している事が多い銀行の口座を持っておくと良いという事でしょう。

 

返済方法で約定返済時に手数料がかからないのは、口座引き落としでの返済が挙げられますし、随時返済ではインターネット返済(ネットバンキング)が同じく手数料がかかりません。

 

加えて、振込手数料がかかる為、あまり返済方法としておすすめしない銀行振り込みも、振込先への手数料が省けるような銀行口座があれば、問題なく利用が可能といえます。

 

銀行口座は意外と生活圏にあるメガバンクや地方銀行の口座を持っておけばいいや!と手近で口座開設しがちです。

 

しかし、昨今はインターネットを利用して、ネット銀行や全国対応している遠くの地方銀行での口座開設も可能です。

 

その為、カードローンを検討する機会があるなら、今一度持っている銀行口座を確認の上、他の銀行口座の方がメリットがないか吟味してみることも大切です。

関連ページ

学生でもカードローン契約は出来るのか?
学生とはいえ、大学生ともなればお金が必要なことも増えてくるでしょう。成人していれば、学生でも借り入れ可能なカードローンを紹介します。
携帯割賦払いとカードローンの関係とは?
身近なローン契約というと、クレジットカードやカードローンなどが挙げられるかもしれませんが、実は携帯料金も端的に言うと、ローン契約なのです。
銀行カードローンをキャッシュカードで利用する?
銀行口座を持っていると、自前のキャッシュカードにローン機能を付けてのカードローン契約が出来るのを知っていますか?ローン付帯型キャッシュカードについて説明します。
レディースローンとは?カードローンとの違い
カードローンを扱っている金融機関で、同じように女性専用ローン、レディースローンを扱っていることがあります。通常のカードローンと何が違うのか説明します。