銀行カードローンをキャッシュカードで利用する?

通帳

 

通常のカードローンのほかに、実はキャッシュカードを使ってカードローン契約する方法があります。

 

キャッシュカードを利用するので、銀行口座がある事が前提ですし、口座のある銀行がキャッシュカード併用型カードローンを取り扱っている必要があります。

 

キャッシュカード付帯カードローンのメリットは、契約時に振り込み融資・口座振替をするのに利用登録をした銀行口座から、何かの支払いでの口座引き落としの際口座残高が足りなくても、その不足金額分を借り入れとして自動的に補ってくれる点です。

 

例えば、公共料金やクレジットカードの支払い額が口座から引き落としの際、支払額に対して口座残高が1万円足りなければ、その支払いのタイミングに合わせて1万円を自動で貸付してくれるという事です。

 

この機能を自動融資といい、銀行のキャッシュカード併用型カードローンにのみあるサービスです。

 

銀行の通常カードローンや消費者金融カードローンには自動融資機能は基本的に元からついていることはありません。

 

口座引き落としで支払いをする料金というのは、払いそびれるとそのあとの支払い手続きに手間がかかったり、支払額がそれなりに高い事が多いです。

 

意外とそういった支出のタイミングは被ってしまいがちで、うっかり口座のお金が足りなかくて支払い遅延…

 

という事も少なくないですから、もし1回でもそういう経験がある方は、借り入れの常用はしなくても契約だけしておくと便利でしょう。

 

また、キャッシュカード付帯カードローンはカードローン機能契約時に、通常カードローン契約で必要とされる書類(本人確認書類うあ収入証明書)の用意が不要で必要書類がない為、その分審査時間も短時間で済みやすいです。

 

その為、キャッシュカード付帯カードローンでの契約であれば、最短即融資を受けられる可能性が高いです。

 

加えて、銀行口座が既にあることで、振り込み融資が可能なので、WEB完結で契約から借り入れまで可能としている銀行もあります。

 

ただし、銀行のWEB完結では、契約書類が必ず送られるので、自宅郵送物を完全に省くことは出来ないので、その点は注意が必要です。

 

上述してきたとおり、キャッシュカード付帯カードローンには通常カードローンとは少し違ったメリットがあります。

 

キャッシュカード併用型カードローンのデメリットは?

 

ATM

 

ただし、そんなキャッシュカード付帯カードローンにもデメリットがあります。

 

まず、キャッシュカード付帯カードローンの場合、通常カードローンで利用できる提携ATMが利用出来なかったり、時間外での利用の際に手数料がかかったりしてしまうことです。

 

特に、ゆうちょ銀行のATMはカードローン併用キャッシュカードでは利用できないことが多いので、ゆうちょ銀行ATMをよく利用する方にはお勧めしません。

 

次に、契約する銀行にもよりますが、限度額が50〜30万円までの設定しか対応していないことが多いです。

 

その為、50万円以上の高額借り入れを希望している場合は、口座がある銀行で通常カードローン契約をした方が良いといえます。

 

キャッシュカード併用型カードローンは、もしもの時にすぐお金を工面したり、日常の臨時の出費に対応させるために利用できるカードローンです。

 

ATM利用と限度額以外は金利や借り入れ・返済に関するサービスは、大体どの銀行で扱っている通常カードローンプランと変わりがありません。

 

また、ATM手数料はデメリットではありますが、ネットバンキングを利用したり手数料がかからない時間の利用を心がけることでせけることが出来ます。

 

低めの融資限度額も逆に考えれば、最高でも30〜50万円までの借り入れしかできないので借り過ぎてしまうリスクが低いといえます。

 

キャッシュカードでのカードローンを扱っている銀行はどこか?

 

キャッシュカード併用型カードローン契約が出来る銀行として、ここではみずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行を取り上げます。

 

みずほ銀行カードローンキャッシュカード兼用型

 

みずほ銀行口座は勿論必須で、キャッシュカードかみずほダイレクトの登録があることで限度額200万円以下は、原則書類提出が不要です。

 

WEB完結申し込みをすることで、キャッシュカード兼用型カードローンとして、キャッシュカードにローン機能が付与されます。

 

WEB完結申し込み手続きと振り込み手続きを、平日15時までに行う事で最短即日利用が可能です。

 

15時以降と土日祝日は即日対応を行っていません。

 

通常のみずほ銀行カードローン契約でじゃ、申し込み契約と別途に手続きが必要なスイングサービスが、キャッシュカード兼用型には初めから付帯されています。

 

スイングサービスとは、口座残高が支払いの際に足りない金額がある場合自動融資するのと、カードローン口座への残高返済したことでプラスになった金額分を預金口座に自動振替する機能のことです。

 

 

三井住友銀行のキャッシュカード併用型カードローン

 

三井住友銀行の場合は、ローン付帯型キャッシュカードについて特にプラン名などが定められてはいませんが、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)からカードローンを申し込む事で契約が可能です。

 

もし、インターネットバンキングの契約をしていなくても、ローン付帯型キャッシュカード申し込みと同時にネットバンキング契約も可能となっています。

 

手続きがWEB完結で済み、すでに手元にあるキャッシュカードでカードローン利用が出来るので、ローンカードの郵送はありません。
(契約書などの書類は郵送されてきます。)

 

インターネットバンキング(SMBCダイレクト)からのキャッシュカード併用型カードローン申し込みの場合は、極度額300万円以内であれば必要書類の用意が不要です。

 

また、三井住友銀行のキャッシュカード併用型カードローンは、キャッシュカード付帯カードローンには珍しく、限度額の制限がありません。

 

高額の借り入れも見込んでいる方で、ローンカードを持ちたくない方は三井住友銀行のキャッシュカード併用型カードローンがおススメといえます。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン マイカードプラス

 

三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード併用型カードローンは、マイカードプラスという商品名なので公式HPマイカードプラス商品ページからネット申し込みが可能となっています。

 

ただし、キャッシュカードはキャッシュカードでもキャラクターデザインカードの場合は、ネットから申し込みが出来ないようになっているので注意が必要です。
(この場合は三菱東京UFJ銀行の店舗へ行くようにしましょう。)

 

三菱東京UFJ銀行の場合も、本人確認書類も収入証明書類不要で、ローンカードの発行もありません。

 

ただし、三菱東京UFJ銀行マイカードプラスは、審査結果が約2週間程かかって郵送で届くので融資までには時間がかかります。

 

また、マイカードプラスは利用限度額が30万円となっています。

 

ところが、契約後6ヵ月経つことで利用限度額増額の申し込みが可能となります。最高で100万円の限度額設定が可能となります。


関連ページ

カードローン返済方法は何がある?どれがおすすめ?
カードローン契約はなんとか出来そう!でも、ちゃんと返済、完済できるか心配…各種返済方法のメリット・デメリットについて解説します。
学生でもカードローン契約は出来るのか?
学生とはいえ、大学生ともなればお金が必要なことも増えてくるでしょう。成人していれば、学生でも借り入れ可能なカードローンを紹介します。
携帯割賦払いとカードローンの関係とは?
身近なローン契約というと、クレジットカードやカードローンなどが挙げられるかもしれませんが、実は携帯料金も端的に言うと、ローン契約なのです。
レディースローンとは?カードローンとの違い
カードローンを扱っている金融機関で、同じように女性専用ローン、レディースローンを扱っていることがあります。通常のカードローンと何が違うのか説明します。