レディースローンとカードローンの違いとは?

女性

 

カードローン審査がレディースローンであれば、ハードルが低いなどという事はあり得ません。

 

貸付条件に関しても、どの金融機関も金利や約定返済額(最低返済額)が通常のカードローンより低く済む。といった優遇もありません。

 

しかし、限度額に関しては、借り過ぎないようにあらかじめ通常のカードローンより低く設定できる事が、レディースローンには多いです。

 

ただ、高額の借り入れがしたい場合には、そのサービスは裏目に出る事でしょう。

 

基本的にレディースローンのメリットというのは、借り入れが有利になることではなく、契約手続きが女性でもし易いという点のみです。

 

カードローン契約手続きを進める際、電話連絡での申し込み確認や本人確認、在籍確認がありますが、その電話口の担当オペレーターが女性になる。というのが、大体の金融機関のレディースローンにおけるサービスでありメリットです。

 

加えて、契約後の問い合わせなども、女性オペレーターの方に優先的につながるサービスをしているところもあります。

 

その為、ハッキリ言ってしまえば、女性専用のカードローン申し込み窓口として、通常カードローンと分けられているだけといえます。

 

ところが、中にはレディースローンとして、通常カードローンと完全に別のプランが用意されており、カードローン利用中に女性の方が喜ぶようなサービスを提供している金融機関もあります。

 

レディースローンを女性専用窓口として取り扱っている金融機関と、他にも独自の女性向けサービスを盛り込んでいる金融機関に分けると、以下のようになっています。

 

女性専用窓口レディースローン

  • プロミス
  • アコム(混雑時などは男性対応の場合あり)
  • ノーローン
  • 新生銀行カードローン レイク

女性向けサービス有りレディースローン

  • アイフル
  • みずほ銀行カードローン

 

アイフルはSuLaLiというレディースローンを展開しており、通常のカードローンよりも限度額10万円までと少額で、SuLaLi専用で女性らしいデザインのローンカードを発行しています。

 

また、万が一返済日を過ぎたり、何かあった場合の連絡が電話ではなく、最初はSMS(ショートメッセージ)の配信という配慮があります。

 

みずほ銀行では、みずほMyWingという女性向けサービスの中に、わたし応援ローンというカードローンを展開しており、わたし応援ローン契約・利用でプレゼントが貰えます。

 

専業主婦は消費者金融のレディースローンには申込めない?

 

時にレディースローンだからといって、本来、総量規制の兼ね合いで消費者金融では借り入れが出来ない専業主婦の方が、特別に借りられる。という事はありません。

 

消費者金融からの借り入れには総量規制が必ず適用されるので、レディースローンであっても、それは「自身に収入がある女性」に向けての商品となっています。

 

どうしても消費者金融で専業主婦の方が契約したい場合は、総量規制例外貸付の配偶者貸付に則っての借り入れとなります。

 

ただし、消費者金融のレディースローンは、通常カードローンと変わりがありませんから、金利が高いです。

 

その為、どうしても専業主婦の方が消費者金融で借りる理由はあまりないといえます。

 

専業主婦の方は、借り入れをするなら、基本的に銀行が契約先となるのが一般的です。

 

銀行でもレディースローンを扱っている所はあります。

 

例えば、みずほ銀行が通常カードローンとは別にサービスを設けて扱っている、みずほMyWingわたし応援ローンが挙げられます。

 

わたし応援ローンは、専業主婦の方の場合、最高30万円までの限度額範囲でカードローンが契約できます。

 

また、契約締結後、カードローン契約関連の書類と共にあぶらとり紙のプレゼントがあります(契約者全員)。

 

他にも、専用家計簿アプリがあったり、一定以上の残高がありメールアドレスの登録をしていることで、定期的にプレゼントの抽選に参加できる(応募は不要)など借り入れ中のサービスが充実しています。

 

みずほ銀行といえばメガバンクですし、安心して借りれができるのも嬉しい点です。

 

他には、新生銀行カードローン レイクであれば女性専用申し込み窓口のレディースレイクが用意されています。


関連ページ

カードローン返済方法は何がある?どれがおすすめ?
カードローン契約はなんとか出来そう!でも、ちゃんと返済、完済できるか心配…各種返済方法のメリット・デメリットについて解説します。
学生でもカードローン契約は出来るのか?
学生とはいえ、大学生ともなればお金が必要なことも増えてくるでしょう。成人していれば、学生でも借り入れ可能なカードローンを紹介します。
携帯割賦払いとカードローンの関係とは?
身近なローン契約というと、クレジットカードやカードローンなどが挙げられるかもしれませんが、実は携帯料金も端的に言うと、ローン契約なのです。
銀行カードローンをキャッシュカードで利用する?
銀行口座を持っていると、自前のキャッシュカードにローン機能を付けてのカードローン契約が出来るのを知っていますか?ローン付帯型キャッシュカードについて説明します。