カードローンの複数申し込みは避けた方が良い?

 

いざ、カードローン契約をしようと思うと、審査に通過できるか不安なこともあると思います。

 

また、本当に緊急でお金が必要な時は1社目がダメだった場合の代わりを用意しておきたい事もあるでしょう。

 

1、2社程度であれば、申込むだけならそこまで厳密にローン審査にも信用情報にも影響はありません。

 

しかし、それ以上の複数(3〜4社以上)の金融機関へ短期間の内に、カードローン契約を申し込むのは審査の通過率に響いてくるので避けた方が良いといえます。

 

というのも、カードローン審査の際、他社借り入れはどこの金融機関で契約するにしてもチェックされ、重要な審査項目となっているからです。

 

また、あまりにほぼ同じ時期にカードローン申し込みをしていると審査をする貸付側は、利用者はお金に困っている状態だと推測し、返済能力に欠けると判断されてしまう恐れがあります。

 

加えて、消費者金融への同時申し込みは、申し込み先の両方が審査に通ったとして、希望契約額を総量規制を考慮した金額での申請でなければ、同時に申し込みをした両方の消費者金融の審査に落ちてしまう場合もあるので注意が必要です。

 

カードローンの申し込み履歴は、信用情報に一定期間記録されますから、信用情報の照会時(審査時)にカードローン契約希望者の最近の他金融機関への申し込み履歴も自ずと貸付側は知ることが出来ます。

 

カードローン契約だけでなく、他のローンなどの借り入れ状況や申し込み情報も信用情報には記載されます。申し込み情報は信用情報に約6カ月間残ります。

 

その為、住宅ローンやカーローンなどの目的別ローンなどを組んですぐ、クレジットカードを契約・作成してすぐカードローンに申し込みをするのもなるべく避けた方が良いといえます。

 

あまりに不自然な多数のローン申し込みの履歴が見受けられると、申し込みブラックとみなされてしまいかねません。

 

申し込みブラックはカードローンにおける異動情報とまではいかないにしても、カードローン審査に悪影響を及ぼす履歴です。

 

カードローン審査に続けて落ちる場合は、無理に多重申し込みをして自身でさらに信用を下げてしまわないように気を付けてください。

 

ローン審査に通るか不安な場合の同時申し込みもダメ?

 

もしも、どうしても急ぎでお金が必要で、1社の審査結果をただ待っていることが出来ないという場合に、本命と保険の金融機関2社を同時に申込んだとして、どちらかの審査に通過した際に片方は手続きをキャンセルすることが可能です。

 

例えば、とりあえず1つ目は銀行カードローンに申込んだものの、審査通過をして無事カードローン利用が出来るようになるか不安である為、消費者金融にも続けて申し込んだとします。

 

先に、申し込んだ銀行で無事に審査通過できたと分かった時点で、後に申し込みをした消費者金融に契約手続きのキャンセルをしましょう。
せっかく申し込んだから…と安易にカードローンの借り入れ先を増やすのはお勧めしません。

 

カードローン申し込みのキャンセルは、特に何か信用情報に影響があったりすることはありません。
しかし、申し込みをキャンセルしたとしても信用情報に申し込み履歴は残ってしまうので、その後で他でカードローン申し込みをする場合は、いずれにせよ6カ月以上たってからの方が良いといえます。

 

 

カードローン申し込みは最高でも2件までに留め、それで審査に落ちてしまった場合は無理に多重申し込みをせず、信用情報から申し込み履歴が消えるのを待ってからカードローン契約にリベンジするのが、一番リスクがないといえます。

 

既にカードローン複数借り入れ中?3社以上はおまとめを!

 

時に、もうすでに2〜3社くらいからお金を借りている。という場合は、なるべく早い段階でのおまとめローン契約の検討をオススメします。

 

借入先が消費者金融、銀行に関わらず、借入先が複数ある状態は、複数申し込みをする以上に信用情報への影響があります。

 

借り換えやおまとめといったカードローン契約は、多重債務になってからの立て直しだと考えている方が意外と多いようですが、厳しい事を言えばそれでは遅いです。

 

正直なところ、当たり前の話ですが、いくつもの債務を抱えている人よりも、借り入れ額が少ないまたはローンがない人の方が、貸し倒れリスクが低いです。

 

その為、いくら借り換え・おまとめと言えど、カードローン審査をする金融機関からしてみれば、既に多重債務に陥っている人よりも、借入れは複数あるもののまだ余裕がありそうな人を選びたいでしょう。

 

ローン契約をしようとした場合も、既にしている場合も数が多いほど、カードローン審査ではあまりいい評価が得られない。ということを肝に銘じておきましょう。