審査で利用されているスコアリングシステム

 

近年の消費者金融のカードローンは即日融資が当り前のようになっていますが、即日融資が可能になった背景には審査に要する時間が短くなったことがあります。

 

現在では各消費者金融のホームページには「審査時間が最短30分」という文字が強調されています。

 

ちなみに、消費者金融の審査は通常、自社のシステムに基づく仮審査と、信用情報機関に照会した信用情報に基づく本審査の2段階で行われます。

 

仮審査と本審査の内容とは?

 

仮審査では申込者から提出された申込書類に記載されている生年月日や住所、勤務先、雇用形態、年収などの属性情報によって大筋での貸出の可否を判断します。

 

また、仮審査の段階で申込者の勤務先に電話をして在籍確認を行います。

 

そして、現在の大手消費者金融の仮審査で行われているのがコンピュータによる「スコアリングシステム」であり、このスコアリングシステムが採り入れられたことで審査時間が大幅に削減されました。

 

スコアリングシステムというのは、簡単に言うと過去のデータを参照して申込者の返済能力を判定するものです。

 

消費者金融は長年に渡って貸出を行っているため、莫大な数の利用者の記録が蓄積されています。

 

色々な年代や年収の利用者、様々な職種や雇用形態の利用者、借入額の多い人や少ない人、返済の確実な人や延滞の多い人など、ありとあらゆる属性の人の借入実績がデータとして保管されています。

 

スコアリングシステムでは、始めに莫大な数の利用者を年齢や収入、職種、雇用形態、勤続年数、年収、住居、家族構成など、同様な属性情報を持つ利用者ごとにクラス分けします。

 

次に、そのクラスに属する人の借入実績を調査し、クラスごとの評価数値を算出してコンピュータに入力します。

 

つまり、同じ属性の人に延滞や債務整理の履歴を持つ人が多ければそのクラスの評価は低くなり、安定的な借入や確実な返済の人が多ければそのクラスの点数は高くなります。

 

そして、カードローンの申し込みを受けた際にその申込者の属性をコンピュータに入力すると自動的に同じ属性のクラスと照合されて申込者の評価が出力されてきます。

 

申込者の属性が高ランクのクラスに入っていれば、高点数となって貸出の可能性が高まりますし、低ランクのクラスに該当すると、貸出を拒否されたり、利用可能額が少額に抑えられたりします。

 

一方、本審査では仮審査の結果を基に、信用情報機関に照会した申込者の信用情報をチェックして最終判断をします。

 

信用情報では他社カードローンからの借入残高や、カードローンの利用件数、返済事故などを確認します。仮審査が優良で信用情報に問題が無ければ、この時点で貸出・可となります。

 

信用情報や借り換えでの借入残高減少についてはカードローン借り換え比較ランキングが参考になると思います。

 

カードローン審査に通過できる属性と信用情報は?

 

仮審査では属性、本審査では信用情報を貸付側である消費者金融や銀行が各々独自の基準で審査するわけなので、こうであれば必ず審査に通る!という条件は断言できません。

 

しかし、どの金融機関でのカードローン審査でも最低限抑えていなくてはいけない事があります。

 

まず、属性の方は無職ではどこの金融機関でもカードローン契約は出来ないので、手に職があることは大前提ですし、収入証明や在籍確認と辻褄があっていなくてはいけません。

 

ただし、無職でも専業主婦(主夫)に限っては、銀行でなら配偶者貸付(配偶者の収入を審査する事)でカードローン契約が出来るところもあります。

 

また、消費者金融で契約する場合は総量規制の兼ね合いで年収の1/3以上の金額は借りられないので、申込む借り入れ希望額と年収のバランスをよく考えることが必要です。

 

銀行はその範囲ではありませんが、限度額の設定基準は大体同程度だと言われています。

 

信用情報では、他社のカードローン利用の履歴に返済の遅延・延滞や金融事故(異動情報)にない事は勿論、住宅ローンやカーローン、クレジットカードのキャッシング枠(ショッピング枠は除く)など、その他の借り入れに関する利用の状況も確認される事があります。

 

その為、カードローンでない種類のローン契約でも問題を起こしていないことが重要です。

 

信用情報は信用情報機関である、JICC(日本信用情報機構)、CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)、全国銀行個人信用情報センターで保管されています。

 

各々の機関で保管されている自身の信用情報の履歴を確認するための情報開示も受け付けているので、カードローン契約審査に落ちた明確な理由が分からない時は、一度情報開示で確認してみるのも良いと思います。

 

一般的にカードローン審査に有利な状態

  • 公務員や正社員という属性で勤続年数が長い。
  • 他社借り入れがない。(借り入れ履歴はあっても完済済み。)

 

カードローン審査に必ず通ることが出来る属性や信用情報とまでは、いずれにしても言えませんが上記のような状態であれば、カードローン契約に特に問題はない。といえるでしょう。

 

逆に、絶対にカードローン契約が出来ない人というのは明言できます。

 

それは、専業主婦(主夫)のように配偶者貸付という形での借り入れが出来ない無職の方や70歳以上の年齢の方です。

 

無職の方は、安定した収入というどの金融機関のカードローン貸付条件にもある大前提がクリアできない為、原則、無担保・無保証のカードローンで契約することは出来ません。

 

また、70歳以上の高齢者の方も、各金融機関の貸付条件で取り扱っている年齢からはみ出るため、契約が出来ません。

 

カードローン契約が出来る最高年齢は、新生銀行カードローン レイクの20歳〜70歳までとなっています。

 

加えて、収入が年金のみの場合もカードローン審査は難しいといえます。

 

ただし、高齢者の方の場合は、カードローンではない他の有担保ローン(例:リバースモゲージ)であれば契約が出来る場合があります。

 

おまとめ借り換え

 

最高限度額800万円オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら⇒

 

属性が良くても異動情報があれば審査落ち?

 

カードローン審査で属性も確カニ借り入れをするにあたって大事なポイントの一つではありますが、それ以上に重要なのが信用情報といえます。

 

例えば、公務員で収入の安定が証明でき、勤続年数も長く、年収も平均より高め。しかし、延滞の記録がある。

 

というような場合は、属性スコアリングでの高得点はあまり借り入れに反映されません。

 

借りられる!と思っていた金額を下回ることは必至で、下手をすれば審査通過すらできない事もあるかもしれません。

 

加えて、延滞の場合は、返済をちゃんとするようにすれば解消されますが、債務整理などの場合は各実に借り入れが出来ません。

 

何となく日常生活での社会評価と同じような感覚で、属性にあたる収入や職業が良ければ信用情報は実はあんまり関係ないのでは?

 

と甘くみがちですが、実際のカードローン審査では、属性がいくら良くても借入に対する姿勢に問題がみられる場合は、希望通りの借り入れは叶わないと思いましょう。