即日融資の可能な銀行カードローン・都市銀行

銀行の画像

消費者金融のカードローンは即日融資が当たり前になっていますが、銀行カードローンの場合は数えるほどしかありません。

 

そして、口座を保有していない人でも即日融資を受けられるのは、以下の都市銀行3行と地方銀行にいくつかあるだけです。

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック

バンクイックで即日融資を受ける場合は自動契約機の「テレビ窓口」を利用します。バンクイックではインターネットから申込んでカードを送ってもらうことができますが、即日に現金を手に入れるためにはテレビ窓口からカードを発行してもらうしかありません。

 

なお、ホームページから申込んで審査結果の連絡を受けてからテレビ窓口に行くと処理が短縮されるため、カードの発行が早くなります。

 

テレビ窓口は各支店に設置されているため、設置店舗を探す必要がありません。テレビ窓口は他社の自動契約機とは違い、画面を通してオペレーターに聞きながら手続きができるので、安心して申し込めます。

 

なお、本人証明書類としては運転免許証が必要であり、運転免許証以外だとその場でカードが発行されず、郵送処理となります。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行のカードローンも即日融資における基本的な手順はバンクイックと変わりません。

 

ホームページや電話から申込んで自動契約機からカードを発行してもらうことができますし、最初から自動契約で申込むこともできます。三井住友銀行の自動契約機は一般的なものと同様、モニターの指示通りにタッチパネルの操作をします。

 

三井住友銀行の自動契約機はバンクイックのテレビ窓口より稼働時間が長く、平日や土日祝日に関わらず9時から21時まで利用できます。従って、いつでも余裕を持って申込に行けます。

新生銀行カードローン レイク

レイクは銀行のカードローンではありますが、元々が消費者金融のカードローンなだけにその特徴や機能には銀行カードローンとは異なったところが多くあります。

 

即日融資においても他の都市銀行とは違い、利用者の保有する銀行口座への振込キャッシンが可能です。そして、14時までにホームページから申込手続きを終えると、当日の内に借入金を振り込んでもらえます。従って、わざわざ出かけなくても、家や勤務先から即日融資を受けることができます。

 

なお、すぐにでも現金の必要な場合は自動契約機を利用する方法があります。他の自動契約機同様、その場で審査が行われ、契約書作成後にカードが発行されます。従って、すぐにATMからお金を手にすることができます。

 

ちなみに、即日融資を受ける場合は在籍確認が取れるように、勤務先の営業日に申込まなくてはなりません。

 

土日祝日でも銀行カードローン即日融資が受けられるのか?

 

上述した三菱東京UFJ銀行 バンクイック、三井住友銀行カードローン、新生銀行 レイクだけが同じく土日祝日でも最短即日融資に対応している銀行カードローンです。

 

なぜこの三行は土日祝日でも最短即日融資対応しているかといえば、まず一つはカードローン契約に口座開設が必須ではないから。そして、各々専用の自動契約機があるからです。

 

銀行口座開設には時間がかかってしまうので、口座が出来るまで借り入れが出来ないのでは、即日融資には対応できません。

 

つまりは、消費者金融とほぼ同じ仕組みで貸付業務をすることで即日融資に柔軟に対応しているのです。

 

消費者金融は預金業務を行っていない為にノンバンクとも言われますが、故に口座開設をカードローン契約時の利用条件に盛り込む必要がないのです。

 

大手消費者金融は、プロミスもアコムもアイフルも、WEB完結が売りなモビットでさえ自動契約機があり、ローンカードを発行することで土日祝日も最短即日融資対応しています。

 

また、平日の銀行振り込み業務が終了した後でも、自動契約機を利用すればローンカードを発行してATMから融資金が受け取れます。

 

即日融資は消費者金融の方が数段上手!

 

こうやって見てみると、いかに消費者金融が即日融資に対応しているのかが良く分かります。消費者金融は大手・中堅・中小を問わず、ほとんどが申込当日に借りることができます。

 

銀行はハッキリ言ってしまえば、カードローン契約などの貸金業務だけがメインの業務ではありません。
ところが、消費者金融はカードローン契約をはじめとした貸金業務が専門の仕事ですから、銀行が他の業務をする分の時間がすべて貸金業務に持っていけるわけです。

 

貸金業者として個人への少額融資のノウハウもあることから、消費者金融の融資はスピーディーな即日融資に特化しているのです。

 

ただし、消費者金融でも振り込みで融資を受ける場合は、銀行の締め切り時間がありますので、平日14時以降の申込は翌営業日での振込となります。

 

当日に借入をしたいなら、14時までに申込するか、自動契約機へ行くことをおすすめします。消費者金融プロミスなら平日22時まで自動契約機が営業しています。