専業主婦の利用限度額は最高でも50万円?

 

カードローンには消費者金融や銀行がありますが、消費者金融は総量規制による貸付制限があるので、収入のない専業主婦はご利用できません。

 

しかし銀行カードローンは専業主婦の方でも利用可能というところが多いです。

 

その理由は銀行は総量規制の対象外となっているので、消費者金融のように年収3分の1規制がないからです。

 

銀行なら借りれる!と思っても、収入のない専業主婦の方は配偶者の収入から返済していくことになるため、ご利用限度額は30万円や50万円ほどと低めに設定されることが多いです。

 

低めに設定されるとは言っても30万円や50万円までお金を借りることが出来るのですから、健全な生計費の使途なら十分間に合うはずです。

 

それ以上に借りたい場合は専業主婦では今の時代難しいのです。

 

ですから、配偶者に話ができるのであれば、事情を話し、配偶者から申込みをしてもらわなければ50万円以上借りることは非常に困難となっています。

 

なぜ50万円までなのか?と聞かれますが、特に明確な根拠はありませんが、50万円が回収できる一つの区切りと考えているからではないでしょうか?

 

貸金業法が厳格化される前におていても、無担保無保証で借りられる金額は新規契約の場合、初めはとりあえず50万円からスタートが多かったのです。

 

その流れが今の専業主婦の利用限度額になっている可能性があります。

 

実際にみずほ銀行は30万円、楽天銀行は50万円までなら専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば借入は可能となっています。

 

パートをしているなら主婦でも消費者金融で借りられる

 

ちなみに、専業主婦は自身に収入がない為、消費者金融で借りられないというのは先述したとおりですが、同じ主婦でもパートや派遣で収入があるなら消費者金融の利用が可能です。

 

その時、年収が150万円以上であれば、ひょっとしたら50万円より少し高めの金額での借り入れが出来るかもしれません。

 

ただし、「じゃあ、とりあえずパートを始めればいいんだ!」という事ではなく、カードローン審査では年収の他にも勤続年数も精査されますから、付け焼刃な属性では意味がありません。

 

勤続年数に関しては、最低でも1年以上なければ特に非正規雇用者の場合、カードローン審査でほとんど評価されないので注意が必要です。

 

加えて、消費者金融は銀行に比べて金利が高めなので、返済のことも考えると銀行カードローンが契約できるのなら、そちらを利用することをオススメします。

 

カードローンの限度額が少なくなってきたら増額を依頼してみる

 

なお、フリーローンでは追加で借入しようとすると再審査を受けたり再契約が必要になることが多いですが、カードローンではご利用限度額の範囲で追加で借入しても再審査や再契約を受ける事が無く、日々の暮らしや生活の中での利便性が高いです。

 

このご利用限度額は一度設定された後に増額申請することが出来ます。

 

後でこのご利用限度額では足りないと感じたら増額申請してみるべきでしょう。

 

新規で申し込みしてからすぐに増額申請しても認められることは少なく、何度か借入や返済を行い優良な実績を積み重ねる必要があります。(最低3ヵ月から半年程度)

 

遅延のない返済を続けることで利用者の信用力が上がり、利用限度額が増額されやすくなります。

 

返済期日に遅れたり、他社からの借入が増えるとご利用者の信用力が下がり、利用限度額が引下げされてしまうことがあります。

 

特に何か月も返済期日に遅れると新規借入が出来なくなったり、カードローンの利用停止されることもあるので、事前に無理のない返済計画を立てたほうが良いです。

 

カードローンを最高限度額の範囲で選ぶなら、銀行はオリックス銀行(最高限度額800万円)やみずほ銀行(最高限度額1000万円)、消費者金融なモビットがオススメです。

 

配偶者貸付なら50万円以上が消費者金融でも借りられる?

 

先述で少しだけ触れましたが、年収以上の貸付を認める総量規制例外貸付には配偶者貸付というのが認められています。

 

配偶者貸付とは、一個人のみの年収を基に貸付額を決めるのではなく、配偶者の年収も合わせた金額を基に総量規制による3分の1の額を割り出す仕組みです。

 

例えば、パートで年収96万円の場合が、本来消費者金融で借りるとすると約30万円が最高限度額となります。

 

ところがそこに配偶者の年収300万円を加えて改めて求めると、最高限度額は約130万円となります。

 

借り入れできる範囲が大幅に広くなったことは、一目両全だと思います。

 

ただし、なかなか例外貸付での申し込みは難しく、実際はあまり配偶者貸付は行われていません。

 

また、配偶者の同意書や収入証明書、在籍確認なども求められることから主婦の方からすると、頼み辛いというのが現実です。