カードローン審査が通りやすい日とかあるの?

あるとき、知り合いからこんなことを聞かれました。「カードローンの審査って、通りやすい日とか通りにくい日とかってあるの?」

 

これは実はあります。なぜなら、カードローン会社も営業成績を伸ばすのに必死だからです。

 

会社の目標があり、その次に、支店の年間目標、半期目標、四半期目標、単月目標があります。目標も各項目が多くあり、一番達成しなければならないのは、融資残高目標です。

 

その次に貸付件数の目標、貸付率、延滞管理率、平均貸付単価など、いろいろな項目があり、目標未達成になると、当然その人の出世にも影響してきます。

 

大体、出世が早い人は営業店でそれなりの数字を残した人です。この数字も、その時代に沿った数字であり、昔から居た人はその当時融資残高を今よりは楽に伸ばせた時代と言えるのです。

 

なので、今の部長クラスなどは、消費者金融が急速に伸びていった時代の人たちなので、今の融資残高の伸び率と、過去の融資残高の伸び率では一概に比較することはできません。

 

しかし、飲み会などに行くと、昔の人たちは自慢をしたがる!!俺の店長時代は融資残高数億伸ばしたとか、鼻高々に言ってきますが、今と昔では法律も管理リスクも全く違うことを認識しなければなりません。

 

カードローン審査が通りやすい日は月末かも?

 

話が逸れましたが、カードローン審査で通りやすい日とは、そのカードローン会社の締日近くです。

 

締日が仮に月末の場合、目標未達になっている店舗は、多少無理をしてでも融資をしたいと思っています。

 

当然、審査はスコアリングが入っているのですが、中堅以下の消費者金融の場合スコアリングはあまりやっていないのが現状ですので、信用情報に事故情報が無ければ1日程度の延滞があったとしても、電話で多少カウンセリング後に融資をしている会社は多くあるはずです。

 

そう考えると、カードローン審査が通りやすい日の1つは月末と言えます。但し、月末は融資だけではなく、支払いのお客も多いため、カードローン会社は1番の忙しさになります。

 

そのため、即日融資などは早めに申し込まないと審査時間が長めにかかり、当日に借入ができなくなる可能性もあるのです。

 

逆に、月明けは審査が厳しくなる傾向があります。月末を超えて新たな月になっているので、無理に融資を通す必要があまりないからです。

 

このようにカードローンと言っても、所詮は人間が行うことです。人間がやる以上、必ず多少の差がでてきます。カードローン審査が不安な人は、月末に申込みしてみると、通ることがあるかもしれません。

 

あくまでフリーローンについての審査で書いていますが、カードローンの借り換えであっても、審査は行うので同じ意味になります。借り換えだろうが、フリーローンであろうが、融資残高を伸ばせれば、会社にとっては良いことなのです。

 

※これはあくまで推測です。月末に申込みして審査に通らなかったとしても、当サイトは一切の責任を負いません。ちなみに、信用情報に異動情報(破産・債務整理・3ヶ月以上の延滞)がある人は、どんなに目標未達でも融資することはありません。逆に融資した事で怒られますので。)

 

与信が良くない人は繁忙期を避けた方が良い?

 

時に、月末の締め日に貸付側の売り上げ目標が関わってくるのとは逆で、金融機関の年間を通しての、所謂、繁忙期は人によっては避けた方が良いかもしれません。

 

というのは、繁忙期の場合、ある程度売り上げが見込めるため、忙しいのもあり微妙な与信状態の方は通りにくいk可能性があります。

 

また、通常審査落ちの連絡というのは、審査通過の連絡よりも早く通達されるのですが、繁忙期の場合は、審査落ちでも連絡までに時間がかかることがあります。

 

すると、その日のうちに借り入れがしたかった方などは、ダメならダメで他の方法を取る時間を失ってしまいかねません。

 

その為、信用情報に軽い傷(返済遅延をしたことがある、多重債務になりかけ、など)がある場合は、なるべく逆に金融機関が忙しくない時期に申し込みするとよいでしょう。

 

例えば、一般的な会社員のボーナス時期にあたる6月〜7月、11月〜12月などは、わりと金融業の暇な時期にあたります。

 

申し込み者数が少なければ、一人一人の借り入れ希望者のカードローン審査に充てられる時間も多いというものです。

 

その為、信用情報の細かい他社利用実績(クレジットカードキャッシング枠の完済や携帯割賦払いなど)まで評価してもらえるといえます。