カードローン審査まる分かりチェック!

チェック

 

カードローン審査には一定の審査基準が設定されています。自分自身が審査に通るのか不安な人、初めてカードローン審査を受ける人などは、ある程度審査内容を把握してら申込みすることが、借りられる重要なポイントとなるのです!

 

高額収入があれば誰でも審査に通るわけじゃない!?

 

猫に小判

 

カードローン審査は、お金を借りることに対して返済能力があるかを問うものです。

 

返済能力というと、つい、収入が多く手元にお金がありさえすれば、借り入れが出来る!と思いがちでしょう。

 

あとは、世間一般的に見て社会的ステータスが高そうな情報で申し込みをすれば、無事審査通過…。

 

実際のカードローン審査は、収入や職業・役職などの情報だけを精査して行われるわけではありません。

 

加えて、カードローン申し込み時に、実際の自身の情報とは異なった嘘の情報での申請も通ることはありません。

 

そのような点も勿論、貸し付け側は精査しますが、もっと細かい情報も含めて、融資できるかを判断します。

 

また、収入や職業などはカードローン審査の中で属性といわれますが、それよりも審査で重要となる要素に信用情報があります。

 

信用情報とは、簡単に言えば、今までの借り入れ契約全般の履歴です。

 

過去に契約していた、または現在進行形で借りいているカードローンの履歴やそクレジットカード(キャッシング枠)、住宅ローンなどその他のローンの利用履歴が記録されています。

 

もし、それらの記録の中で、返済の遅延や延滞、債務整理などの金融事故の英歴がみられる場合は、カードローン審査通過は非常に難しくなってきます。

 

カードローンの審査における重要なチェック項目

 

チェック

 

最近の消費者金融のカードローンは無利息期間や付与ポイントなど様々なサービスが提供されていることから、カードローンに申込む人が増えていますが、審査に通る人は2人に1人程度でしかないのが実態です。

 

その理由は現在の消費者金融は貸金業法による厳しい規制にあって一昔前のような大量の貸出や莫大な利益が取れなくなっているため、貸し倒れを吸収できる余裕が無いことから、融資におけるボーダーラインが非常に高くなっているためです。

 

なお、審査で厳しくチェックする項目には主に、以下のことがあります。

 

他社借入額

 

現在は貸金業法の総量規制による貸出制限があるため、他社カードローンからの借入残高を入念にチェックしています。

 

なお、審査においては利用者の個人情報を必ず信用情報機関に照会しているため、利用者の借入のすべてが把握できるようになっています。

 

そして、他社カードローンから年収の3分の1に近い借入がある場合は、貸出を認めることは絶対にありません。

 

また、同じく総量規制に基づいて、消費者金融でカードローン契約をする場合、1社で借り入れ残高50万円以上、他社借り入れと合わせて100万円以上の際、収入証明書が必要となります。

 

ただし、総量規制例外貸付においては、消費者金融での借り入れでも年収の3分の1以上の金額を借りることが出来ます。

 

銀行カードローンの場合は総量規制除外貸付となっているので、その限りではありませんが、基本的には同じような借入額の審査になっています。

 

利用件数

 

他社カードローンの利用件数も審査に大きく影響します。カードローンの契約を結ぶと利用限度額が設定され、利用限度額の範囲内での借入が可能になります。

 

従って、現時点では借入金額が少なくても、常に利用限度額に対する満額の借入になる可能性があります。そのため、利用件数が多いとそれだけ回収不能になるリスクが内在していることになり、利用件数が4件目になると審査に通る可能性が極端に下がります。

 

このことから、利用件数は少ない方が審査に通る可能性が高く、件数が多い人は、借り換えローンやおまとめローンなどで、件数を減らす事も有効と言えます。

 

借り換えローンやおまとめローンをする場合には、なるべく既存のカードローン金利よりも低金利になるような仕方で、利用件数を一本化すると良いです。

 

ただし、借り換えやおまとめ契約の際も、カードローン審査はありますから、与信状態によってはローンの一本化さえできない場合もあります。

 

なるべく、借入先は多くても2〜3件に留め、1社からの借入残高の返済のために他社から借り入れるというような利用の仕方はしないよう心がけましょう。

 

また、借り入れ契約は完済すれば自動で解約されるわけではないので、利用をしない場合は自身で解約申請をする必要があります。

 

解約をして初めて、信用情報のうえで借り入れ件数としてカウントされなくなります。

 

虚偽の申告

 

カードローンというのは一種の「信用取引」になっています。

 

担保が無く、保証人もいないため、金融機関は利用者を信用してお金を貸し出します。

 

従って、信用が無くなればその時点で取引が成立しなくなります。

 

例えば、申込書に記入されている内容と信用情報のデータに食い違いがあると、それだけで審査に通らなくなることがあります。

 

特に、勤務先は返済の基になる収入源でもあるため、重要視されています。

 

また、カードローン契約時に申告した情報に変更があった場合は、速やかに変更点を借入先の金融機関に伝える必要があります。

 

自身の借り入れ契約に関わる情報を、貸し付け側が正確に把握できるようにしておかないと、契約後に限度額を下げられたリ最悪は利用停止にされたりします。

 

というのも、情報の変更を伝えないことは、借り入れ申し込みの際の虚偽申告と同じ扱いになるからです。

 

返済事故

 

カードローンの利用者の中には過去に数カ月も返済を延滞したり、債務整理を行ったりした返済事故の履歴を持つ人が少なくありません。

 

その記録は信用情報機関に登録されており、それが「ブラックリスト」と呼ばれています。

 

ブラックリストに登録されている期間中の借入は不可能です。

 

信用情報機関で保管されている異動情報(=ブラックリスト)は、一定期間経つことで消えますが、貸金業者や銀行が各自で保管している顧客リストには返済事故などを起こした履歴が残ってしまう可能性は高いです。

 

その為、一度返済・金融事故など大きな問題を起こした金融機関での再契約は、出来ない場合が多いといえます。

 

また、異動情報に載るような事故を起こした金融機関の保証会社が、カードローンの保証をする別の金融機関での借り入れも出来ない可能性が高いです。

 

申込ブラック

 

申込ブラックというのは短期間(1カ月程度)に複数(3件以上)のカードローンに申込をすることを言います。

 

この場合は異常な申込と捉えられ、利用者の悪意や、返済不能のリスクから回避するため、審査からオミットされます。

 

申し込み履歴は、基本的に6カ月ほど記録として保管されます。

 

その為、申し込み履歴が信用情報に残っているうちに、再度カードローン申し込みをするのは避けた方が良いでしょう。

 

加えて、最近はカードローン申し込みでの中途離脱が申し込み履歴情報に影響を与えて、審査結果に響いてしまう事もあるので、注意が必要です。

 

消費者金融のカードローン審査が銀行より甘いって本当?

 

はかり

 

カードローン審査の基準は各銀行、各消費者金融で違います。
属性の一部の情報のスコアリングに力を入れているところもあれば、そうでないところもあります。

 

それは、銀行だから消費者金融だからの両極だけの話ではありません。

 

また、属性にはそれぞれの金融機関の審査基準の違いはあっても、信用情報は上述した最低限のローン審査契約に問題がない状態でなければ、消費者金融でも勿論カードローン審査の通過は出来ません。

 

特に、長期の延滞を起こしたことがあったり、他社の借り入れが嵩んでいるという状態ではまず新規のカードローン契約はどこでも難しいでしょう。

 

しかし、実際銀行カードローンに申込んだものの契約できず、消費者金融では通った。という方なんかは、審査基準の違いだけで銀行に落ちるはずがない!と思うかもしれません。

 

銀行カードローンは、消費者金融と比べて低金利で最高限度額が高い事も相まって高額の融資を受けられる可能性があります。

 

単純にいえば、返済能力を見込まれれば低金利で高額融資が受けられるのが銀行カードローンです。

 

ところが、カードローン契約というのは信用取引ですから、そのような融資を受けるためには貸し倒れリスクのある属性や信用情報では借りることが出来ないのは、先述した最低限のローン審査基準からして明白です

 

つまり、銀行のカードローン審査にまったく通らず審査が厳しいと感じるなら、それは銀行の貸付条件(金利と限度額)に契約者の属性もしくは信用情報が見合っていないだけといえます。

 

ただ、一つ言えるのは、中小消費者金融は大手消費者金融や銀行などと比べると、借り入れ件数や過去の返済遅延・延滞などに寛容な仕組みとなっています。

 

ただし、その場合、貸し倒れリスクも一定見込んでいるため、大手消費者金融よりもさらに高い金利設定となっています。

 

金利は利息額を決める数値であり、カードローンの利息は金融機関にとって利益です。

 

その為、極端に言えば、誰かが返済不能に陥っても貸付側が破たんしないようにする為、金利が高く設定されているといえます。

 

しかし、それは中小消費者金融の審査基準に言える事であって、大手消費者金融は先述もしたように、銀行カードローンより審査が甘いなどとは一重に言えないのです。

 

おすすめ消費者金融のプロミス公式サイトはこちら⇒

 

銀行カードローンの審査は保証会社がしている?

 

加えて、なぜ銀行と消費者金融どちらかの審査が厳しい、甘いなどといえないかといえば、銀行のカードローン審査は保証会社である消費者金融が行っていることが多いからです。

 

銀行の保証会社である消費者金融は、銀行カードローンで返済不能に陥った顧客がいた場合、保証会社が一旦肩代わりして顧客の代わりに銀行に返済します。
その為、消費者金融は銀行の保証会社になるにあたって保証料をもらっています。

 

銀行カードローンの審査も消費者金融がやっているなら、同じ審査基準なのだからどちらも通るのではないのか?
というと、それは先述したようにカードローンの金利や限度額は勿論ローンプランとしてのサービスも変わってきますから、それぞれ別の審査基準になります。

 

そもそも、カードローンのスペックこそ銀行の方が良いですが、個人向けの無担保・無保証型の融資のノウハウは消費者金融の方が上であるという事実があります。

 

そのノウハウを銀行の貸付業務に活かすために、消費者金融をグループ会社傘下において保証会社として採用している背景があります。

 

グループ会社と言えど銀行と消費者金融という形態のとり方が変わらないのは顧客の食い合いをしない為と言えます。
その為にも、カードローンという仕組みが同じ商品を扱っていたとしてもターゲットの顧客層には違いを出す必要があるでしょう。

 

そこで生まれるのが、それぞれが取り扱うカードローンの貸付条件に見合った審査基準とも言えるのです。

 

保証会社との取引に問題あればカードローン審査に通らない?

 

先述しましたが銀行カードローンの保証会社は消費者金融が担っていることが多く、審査も行っているのです。

 

銀行カードローンに申込する方のなかには、過去または現在までに保証会社から借入経験があるとういうことも考えられるのです。

 

審査で重要な信用情報には長期延滞や破産などの返済事故が記録されています。しかし返済事故の記録は5年~10年で消えてしまうのです。

 

つまり現在、信用情報に返済事故情報が記録されていなくても、過去に破産等の債務整理を行った人はいるということです。

 

そのような過去に返済事故があったが、現在は信用情報が問題なく、属性が良い人が審査に通らない場合があるのです。

 

返済事故当時に保証会社と取引があった場合です。保証会社である消費者金融には社内ブラック情報があり、過去の取引において問題があった人の情報は半永久的に存在します。

 

もし返済事故を起こしてしまった消費者金融が保証会社となっている銀行カードローンに申込をしてしまったら、審査に通る可能性が低くなってしまいます。

 

銀行カードローンに申込する時は、保証会社がどこか調べることが重要となります。