お金を借りるならどこから借りますか?というか、お金を借りたい!と思った時、どこが貸してくれると思いますか?世の中お金です。お金があればいろんなことができますし、人生の選択肢もかなり広がるのは事実です。

そのお金を借りることは決して悪い事ではありません。お金を借りてから、それを元手に増やせばいいのです。お金が無いとやることも、アイデアも、儲かる発想も無くなります。それほどお金の力って凄いんですよね。

事業を成功してお金持ちの人は、どんどん別の事業展開をしていきます。そんな発想はお金を持っているからこそできるわけです。新しい事業をして失敗する人も多くいるでしょう。しかし、ある程度市場ができていて、リサーチをした中であれば、売り上げが0円ということはあり得ません。

そこそこの売り上げがあるのですが、投資金との回収を考えたときに早めに事業を閉めて切り上げることも経営としての考え方です。

そこまでのお金持ちになる人でも、最初は銀行やカードローンでお金を借りた人は多くいます。銀行は正直敷居が高いイメージがありますよね?財産も会社も何も無い人にお金をすぐに貸してくれる銀行はなかなかいません。

しかし、カードローンはどうでしょうか?借りる時に、何に利用するのかは多少聞くかもしれませんが、生活費や旅行、買い物など、適当に言っても、運転免許証だけあればその日のうちにお金を借りることができます。

お金を借りるならカードローンが断トツで便利!

金額は銀行に比べれば少なく、金利もかなり高いですが、カードローンのメリットは使った日数分しか利息が発生しないことです。そして消費者金融であれば30日間無利息サービスがありますので、1ヵ月だけ限定でお金を借りたのならば金利は0%です。

普通に考えて、こんなに便利な借りる先がありますか?お金を借りるところはカードローン以外にも銀行、ゆうちょ信用金庫地方銀行労金農協、市役所などいろいろありますが、どれも借りるまでに時間がかかり、申込書などの記入の手間もかかります。

でも、カードローンならそんなに手間はありません。WEBから申込ができ申込はスマートフォンやパソコンで入力していくだけです。そして、審査は最短30分。融資まで最短1時間で借りれるカードローンもあります。尚且つ、WEB上で契約するWEB完結は消費者金融なら自宅への郵送物も無いので、同居の家族や配偶者に知られることもありません。

ここまで借りる人の事を考えた貸し手がいるでしょうか?笑。特に消費者金融はお金を貸すことに特化して数十年営業してきました。それだけ借りる人のことを理解し、どうしたら不安無く借りれるか?出金や入金を簡単にするにはどうすればいいのか?を企業努力で積み上げてきたのです。

お金を借りる行為自体があまり良いイメージではないのですが、ほとんどの人は住宅ローンなり、自動車ローンなりで借金をしています。カードローンも住宅ローンも金利は違いますが、同じ借金なのです。

ただ、カードローンは限度額内で繰り返し借入ができるのがポイントです。非常に便利な機能なのですが、このせいで多くの人が借金を増やしてしまいます。

カードローンが悪い訳では無く、自分自身の欲に勝てない人が悪いのです。しかしながら、コンビニや銀行ATMからカードを入れればすぐに現金が手に入ることは便利な反面、多重債務者を作ってしまう原因にもあります。

カードローンの利用は、計画的にすることが最も重要です。

ここでは、お金を借りる時におすすめできるカードローンを中心に書いていきます。

1位プロミスプロミスお金を借りる時に即日融資で圧倒的に人気なのは、プロミスです。プロミスは申込から最短1時間で融資が可能となっており、審査は最短30分です。カードレス対応になっていますので、WEB完結でカード発行不要を選択し、返済を口座引落しにすれば自宅への郵送物なしで借りることができます!

プロミスの即日融資は原則24時間365日最短10秒で振込可能となっていますので、WEB完結で契約すれば土日祝日、夜間でもいつでも即日融資でお金を借りることができます。

また、メールアドレスとWEB利用明細の登録で「借入日から」30日間無利息サービスになります。

アコムやアイフル、レイクALSAは「契約の翌日から」無利息がスタートするので、契約だけして当日に借入しない人は無駄になってしまいますが、プロミスなら出金した日から無利息がスタートするので、後日借入してもそこから30日間が無利息となります。

プロミスのアプリローンは、スマホさえあればセブン銀行で借入・返済ができるので、20代~30代に特に人気になっています。お金を借りたい人全員に支持されているNo.1カードローンと言えます。

金利 限度額 おすすめ度 即日融資
4.5~17.8% 最高500万円 最短1時間融資可能

プロミス公式サイトはこちら

お金を借りたい時にカードローンのどこがそんなに凄いのか?

お金を借りるならカードローンが一番便利だと書きましたが、何がそんなに便利なのか?一度も借りたことが無い人は分からないと思います。

そこで、借入初心者の人のために、カードローンのメリットとデメリットを簡単に説明します。

【カードローンのメリット】

・無担保、無保証で運転免許証さえあれば、お金を借りることができる
・返済方式は残高スライドリボルビング方式が多く、一括で返す必要は無く毎月の返済額も少ないため負担が軽い
・毎月の利息は利用した日数分だけなので余分な利息を払わなくても良い
・消費者金融なら即日融資が可能になっているので申込した当日にお金を借りれる
・消費者金融大手はカードレス対応になっており、郵送物一切なしで借りることができる
・消費者金融大手は新規契約の場合30日間無利息サービスがある
・提携ATMが多く、ほとんどはコンビニATMから借入、返済ができ便利
・一旦完済してカードだけ持っていれば、また必要になった時に審査なしで出金できる

上記はカードローンのメリットの一部です。カードローンの良さを挙げればすぐにこれだけのものが出てきます。

今の時代はすぐにお金を借りれるのが一般的ですが、それはカードローンがあるからです。メリットを見ても、こんなの普通じゃないの?と思うかもしれません。

しかし、普通だと思っている事のほとんどはカードローンがやっている事であり、銀行や信用金庫、ろうきんなどでは行っていないことが多いのです。

例えば、無担保・無保証でお金を借りれることは、もはや一般的ですが、これは消費者金融が始めた信用貸しです。

もともと銀行は企業などの設備投資や住宅ローンなどの目的ローンに対して力を入れており、個人へのリテール貸付はほとんど行っていませんでした。

そのため昔、銀行からお金を借りるには必ず保証人か担保が必要だったのです。

しかし、消費者金融は担保も保証人も無しで、その人の信用だけを見て審査をし、10万円~50万円の小口貸付で急成長しました。サラリーマンに融資することからサラ金と言われましたが、身分証明書だけで無担保・無保証での貸付は消費者金融が広げたサービスなのです。

また、毎月の利息は利用した日数分だけの請求なのもカードローンの特徴です。昔はクレジットカードのキャッシング機能は、お金を借りても基本的に次回の返済日に一括返済しなければなりませんでした。

そのため、実際に利用したのは3日ぐらいでも、次回の引落しまでに3週間日数があれば、3週間分の利息を付けて引落しされます。

これが普通だったのですが、カードローンはあくまで使った日数分だけです。仮に10万円借りて、3日後に一括返済をするならば、請求される利息は10万円に対する金利の3日分だけになります。

この部分でもカードローンは利用者目線に立ったシステムになっているのです。

その他にも郵送物なしで借りれることや、無利息サービス、最短即日融資など、非常に便利なサービスが多いのですが、それらは後程説明させていただきます。

【カードローンのデメリット】

・カードローンからお金を借りていると知られると恥ずかしい
・指定信用情報機関に利用の記録が登録される
・延滞などの異動情報が登録されると、消えるまで全てのローンやカードが作れなくなる
・金利が高い
・多重債務者になる可能性がある

カードローンにも当然デメリットはあります。しかし、デメリット部分はカードローンが便利すぎるが故になってしまうこともあるのです。

例えば、多重債務者になる可能性があるというのは、自分自身の問題です。自分でセーブをして、借金を重ねることをしなければ多重債務者にはなりません。

しかしながら、近くのコンビニですぐに借金ができる便利すぎる点から、自分のお金の様に借金を重ねる人がいます。

なぜならカードローンは30万円借りても返済は最低9,000~10,000円程度の返済になっているからです。2社から30万円を借りて合計60万円だったとしても、月の最低の返済金額は18,000~20,000円になっています。

これぐらいならまだ返済ができると思って、借入を繰り返してしまう人が多いのです。

そしてカードローンは指定信用情報機関に借入内容が登録されます。これ自体はデメリットではないのですが、3ヶ月以上延滞した場合や自己破産、債務整理などをすると、その情報が信用情報に登録されます。

これらを異動情報(事故情報とも言います)と呼びますが、異動情報は銀行やクレジットカードにも情報共有されるので、異動情報が消えない限りは、カードローンはもちろん、住宅ローンや自動車ローン、クレジットカード、携帯電話のローンなど全てのローンやカードが作れません。

これが一番のデメリットになります。あくまで借りたお金をきちんと返せばデメリットになることはないのですが、それが出来なかった時の代償は、かなり大きくなるのです。

お金借りたい人必見!プロが選ぶお金借りるおすすめ5選!

お金を借りるなら、絶対的にカードローンがおすすめなのは説明しましたが、カードローンも多くの種類があります。

そこで、国家資格であり、カードローンの専門家の貸金業取扱主任者が選ぶ、おすすめ5選を紹介したいと思います。

ここで紹介しているのであれば、どこに申込しても後悔することはないでしょう。

第5位 楽天銀行スーパーローン

おすすめ第5位は楽天銀行カードローンです。楽天銀行の特徴は、上限金利14.5%の低金利と、楽天銀行口座は不要で他行の口座でも借入や返済ができることです。

カードローンは消費者金融系と、クレジット・信販系、そして銀行に分かれますが、金利が平均的に安い(低い)のは、銀行カードローンです。

銀行カードローンは、平均14.0%~15.0%程度になっており、消費者金融の18.0%に比べると、3%~4%ほど低金利になっているのです。

楽天銀行は低金利に加え、他行銀行口座でも借入や返済ができる点が便利です。みずほ銀行やりそな銀行、イオン銀行などは自行の普通預金口座が必要になります。

融資の振込も、返済の引落しも自行の銀行口座の対応になっているからです。

しかし、楽天銀行は他行の口座でもOKとなっているため、楽天銀行の口座を持っていない人は、口座開設の手間が省けます。

楽天銀行の口座を持っている人は、24時間いつでも振込融資が可能になりますので、尚更おすすめとなります。

楽天銀行スーパーローン公式サイトを見る

第4位 オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは楽天銀行同様、ネットバンクのカードローンです。

オリックス銀行カードローンは銀行カードローンの中でも金利は高いのですが、提携ATM手数料が終日無料な点と、口座開設不要で借りられるのが特徴となっています。

また、上限金利は17.8%でプロミスと同じですが、消費者金融と違い、審査内容次第で100万円未満の限度額でも金利12.0%で借りられる可能性もあります。

消費者金融は100万円未満の限度額の場合、上限金利が設定されますが、オリックス銀行は与信で金利を分けて設定しており、実際に12.0%で借りられた人も多くいます。

自分自身がいくらの金利で借りられるのか、試しにお申込みしてみるの良いでしょう。

オリックス銀行カードローン公式サイトを見る

第3位 レイクALSA(アルサ)

お金を借りたい!と思った時に、おすすめできるのは銀行よりも消費者金融になります。第3位はレイクALSAです。

消費者金融は金利が高いイメージが先行していますが、本当に便利で借りたいときにすぐに貸してくれるのは、消費者金融です。

レイクALSAは申込から最短60分融資も可能となっており、審査結果は申込完了画面に表示されるため、急いでお金を借りたい人にはうってつけのカードローンです。

また、カードレス対応になっていることから、WEB完結で申込して、カード発行なしにすれば、自宅には一切郵便物なしで借りることができます。

そのうえ、新規契約の人なら、借入の5万円までを180日間無利息または、借入の全額を30日間無利息のどちらかの無利息を選ぶことができ、尚且つ、消費者金融ではレイクALSAだけが提携ATM手数料が無料となっています!

これだけメリットがあるカードローンはレイクALSAの大きな魅力です。

レイクALSA公式サイトを見る

第2位 アコム

第2位は消費者金融最大手のアコムです。なぜアコムが2位なのか、はっきり言ってしまえばメリットはレイクALSAの方があります。

アコムは新規契約の人に30日間無利息サービスがありますが、カードレス対応になっていないので、自宅には必ずカードが届いてしまいます。自宅への郵送が嫌な人は自動契約機か店頭窓口に来店して契約しなければなりません。

ではなぜアコムがおすすめなのかと言えば、それだけお金を借りる業者で信用があるからです。知名度・CM露出度、顧客対応・顧客満足度、どれをとってもアコムはトップに君臨しています。

もしアコムがカードレス対応になれば、間違いなくおすすめ第1位になるでしょう。

アコムの魅力は審査がカードローンで最速と言われており、申込から最短で30分!今すぐにでもお金を借りたい人にとっては、アコムは強い味方になっています。

アコム公式サイトを見る

第1位 プロミス

お金を借りるところで最もおすすめなのは、プロミスです。プロミスはアコムと消費者金融トップを争っており、規模的にはアコムに引けを取りません。

プロミスの凄い点は、全てにおいて顧客目線でサービスを作っており、誰が借りても後悔しない借入先になっていることです。

また、消費者金融では新規契約の人は30日間無利息が一般的になっていますが、ほとんどの業者が「契約日」から無利息スタートになるのに対して、プロミスは「借入日」から無利息がスタートします。

ちょっと何言ってるのか分かんない!と思う人がほとんどでしょう。契約日と借入日には大きな違いがあり、例えば、いつお金が必要になるか分からないから、いつでも借入ができるカードだけを事前に作っておきたいと言う人は多くいます。

その場合、契約日から無利息であれば、実際にはお金を引き出していないのに契約をした日から30日のカウントダウンが始まります。

しかし、プロミスの借入日からであれば、実際にお金を出金した日から30日間無利息が進むので、契約日と借入日が違う場合でも、ちゃんと30日間無利息になるのです。

アコム・レイクALSA・アイフルなどは契約日から30日間無利息スタートなので、プロミスの方が圧倒的に顧客側目線と言えるでしょう。

そして、プロミスはもちろんカードレス対応になっていますので、WEB完結で契約して、カード発行しないを選択し、返済は銀行引落しにしてしまえば、自宅への郵送は一切ありません。

またプロミスはアプリローンもあります。若い世代の人はアプリを使って契約を済ませることができ、アプリに慣れている若い世代に圧倒的に支持されています。

プロミスの金利は実質年率4.5%~17.8%になっており、消費者金融大手は全てが上限金利18.0%の中、若干低金利になっています。0.2%しか変わらないので、そこまでの差ではありませんが、金利を気にする人には決める判断材料になるでしょう。

プロミス公式サイトを見る

お金を借りたいときは銀行カードローンか消費者金融かどっち?

お金を借りたいとき、初めての人は銀行カードローンか消費者金融かどっちが良いのか分からないとよく聞きます。

カードローンから一度でも借りた人ならば、分かることですが、初めての人には、それすらも分からない程、カードローンの種類は多くなっています。

特に学生などは銀行カードローンでは申込すらNGになっていることから、知らずに申込して時間を無駄にした人もいるかもしれません。

まず、遅くても明日までにはお金を借りたい人は、絶対に消費者金融に申込しましょう。なぜなら、銀行カードローンは最短即日融資(申込当日に融資すること)ができないからです。

銀行は、顧客から申込があった場合、反社会勢力かどうかを警察庁のデータベースに照会することが義務付けられています。

警察庁からの回答は最短でも翌日になるため、そこから審査が開始となりますので、申込当日に融資ができないのです。

しかし、消費者金融の場合なら、データベースの照会は義務付けられていないため、審査が早ければ申込当日にも融資が実行できるのです。

確かに銀行カードローンは消費者金融よりも金利が安くなっています。消費者金融の場合、100万円未満の限度額であれば、金利は17.8%~18.0%と決まっています。

一方、銀行カードローンは14.0%~14.9%程度の金利になっているため、消費者金融と約3%~4%金利が低くなっているのです。

このことから、多くの利息を払いたくないから銀行カードローンに申込する人が多いと思いますが、消費者金融には新規契約の人は30日間無利息サービスがあります(モビットはやっていません)。

そのため、1ヵ月~3ヶ月程度しかお金を借りる必要が無い人の場合、金利14.0%~14.9%ぐらいの銀行カードローンから借りるよりも、消費者金融で無利息サービスを利用して借りた方が、3ヶ月以内なら支払い利息は少なくなるのです!

これは意外に知らない人が多いことです。銀行カードローンから借りても、消費者金融から借りても、信用情報には借入として登録され、同じ借金なのです。

また、圧倒的に便利なのは銀行よりも消費者金融になります。金利やブランドイメージだけで選択するのは絶対にやめるべきです。

お金を借りる方法が知りたい!個人の借入方法はどんなのがある?

個人がお金を借りる方法
「まとまったお金が必要なのでお金を借りたい!」

こうした場合、「個人だと、どのような手段でお金を借りれば良いのか?」という疑問がありますよね。

そこでこの記事では、個人の人が利用できる借入方法をわかりやすく紹介してみました。

この記事を読んでもらえれば、個人向けにはどんなお金の借り方があるのかがわかり、あなたにとって最適な借入方法が見つかりますので、ぜひ参考にしてください。

個人がお金を借りる方法はこの7つが基本!

個人が借入をする場合、おもな方法は以下の7つがあります。

  • カードローン・キャッシング
  • フリーローン
  • 目的別ローン
  • 国や市役所
  • 保険の契約者貸付制度
  • 年金担保融資
  • 質入れ

これらの借入方法は当然、それぞれ特徴などがことなるため、そうした点をしっかり理解し、ご自身に最適なものを選ぶことが大事です。

そこで次章より、目的ごとに最適な方法を紹介していきます。

できる限り早めに借入したいならこの2つが最適!

融資までのスピードを重視するなら、次の2つのがおすすめです。

  1. カードローン・キャッシング
  2. フリーローン

カードローン・キャッシングの特徴とメリット

カードローン・キャッシングとは、消費者金融や銀行などが提供する無担保・使いみち自由の借入方法です。

いわゆる「無担保ローン・多目的ローン」であるため、保証人や担保を必要とせず、資金使途は事業性資金以外であれば基本自由に使えます。

また、限度額の範囲内で何度でも借入できるという利点もあります。

このカードローン・キャッシングの場合、消費者金融であれば即日融資も可能です。

銀行の場合でも最短翌日というケースも多いため、融資までのスピードが非常に早いといいうメリットがあります。

フリーローンの特徴とメリット

フリーローンもカードローンやキャッシングとおなじ、無担保ローン・多目的ローンになります。

このため、基本的な特徴もおなじです。

ただし、フリーローンはカードローンやキャッシングと違い、追加借入ができないという点がことなります。

フリーローンの場合、たとえば20万円融資が可能であれば、20万円をいっきに融資し、その後は返済していくだけという形が基本です。

このフリーローンも融資まで早く、消費者金融であれば即日融資にも対応してくれ、銀行の商品でも早ければ最短翌日にお金が借りられます。

この2つなら審査なしで借入することが可能!

次の2つの借入方法なら審査なしで借入することができます。

  • 保険の契約者貸付制度
  • 質入れ

保険の契約者貸付制度の特徴とメリット

保険の「契約者貸付制度」とは、「解約返戻金(カイヤクヘンレイキン)」の範囲内で保険会社から融資が受けられる制度です。

解約返戻金とは?

解約返戻金とは、保険を解約した際に契約者に戻ってくるお金のことです。おもに終身保険や養老保険、個人年金保険などの積み立て型の保険が対象になります。


この契約者貸付制度の場合、審査はありません。

解約返戻金は契約者のお金となり、その範囲内での融資ですので審査をする必要がないのです。

また、次のようなメリットもあります。

  • 保険の解約は必要なし
  • 返済ペースは自分で決められる
  • 金利は「年2.0%~6.0%程度」が相場と良心的

解約返戻金を利用する場合でも保険の解約は必要なく、保険金もしっかりと受取れます。

返済は保険の満期までにすれば良いため、返済ペースは自分で決めることが可能です。

金利が「年2.0%~6.0%程度」が相場ですので、良心的な金利で借入できることが多くなっています。

質入れの特徴とメリット

質入れとは、質屋に担保を預けてお金を借りる方法です。

この質入れの場合、貴金属やブランド品などの品物を担保にするため、実質審査がありません。

担保にできる品物さえあれば、ブラックリストや多重債務者などの金融機関では審査に通らない人でも借入ができます。

また、担保とする品物を査定後、すぐ融資をしてくれますので即日融資が確実という点もメリットです。

使いみちに一致するなら「目的別ローン」もおすすめ!

「自動車の購入費用を借りたい!」というような明確な使いみちがあるなら、「目的別ローン」が最適です。

目的別ローンとは、次のような使いみちが限られたローンを指します。

  • マイカーローン
  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • プライダルローン
  • ビジネスローン

目的別ローンの特徴とメリット

目的別ローンの特徴は先にものべたように、ローンごとに使いみちが決まっていることです。

たとえば、住宅ローンであれば住宅関連の費用に限定され、新築やリフォーム、他社の住宅ローンの借り換えといった用途にしか利用できません。

また、借入後は追加借入ができず、返済していくだけとなるのが基本です。

そんな目的別ローンのメリットは金利が低めなことです。

金利はローンの種類によっても大分違いますが、カードローンやフリーローンよりはずっと低いケースが多い傾向にあります。

このため、利息も大きくおさえやすいです。

生活に困っているなら国や市役所からの融資制度も検討!

「お金がなくて生活もままならない・・・」このようなときは、国や市役所からの融資制度も検討してみましょう。

国や市役所には、次のような生活困窮者向けの融資制度があります。

  • 総合支援資金
  • 緊急小口資金
  • 福祉資金
  • 教育支援資金
  • 不動産担保型生活資金

国や市役所からの融資制度の特徴とメリット

国や市役所からの融資制度の特徴は、生活困窮者向けのものがほとんどなため、誰でも利用できるというわけではない点です。

たとえば、「総合支援金」は失業や低所得、障害などによって生活に困窮している世帯に対し、経済的な自立をサポートするため、融資をするというものです。

このため、利用できるのは生活に困っている人のみです。

他の制度も似たようなものがほとんどですので、国や市役所からの融資制度を利用できる人は限られてきます。

ただし、利用できるのであればかなりの良い条件で借入が可能です。

総合支援資金であれば、保証人を立てれば「無利子」、保証人がいない場合でも「年1.5%」という低金利での借入が可能です。

他の制度も非常に良心的な金利であるケースがほとんどなため、金融機関などよりも低金利で借入できる可能性が高いという利点があります。

年金受給者なら「年金担保融資」が利用できる!

年金を受取っている人の場合、「年金担保融資」を検討してみるという手もあります。

年金担保融資とは、年金を担保にして「福祉医療機構」から融資が受けれる制度です。

そんな年金担保融資の貸付条件は次のようになっています。

限度額 10万円~200万円の範囲内(資金使途が「生活必需物品の購入」の場合は、10万円~80万円の範囲内)
金利 年金担保貸付:2.8% (平成30年10月3日現在)

労災年金担保貸付:2.1% (平成30年10月3日現在)

年金担保融資の特徴とメリット

年金担保融資の特徴は、年金を受給中の人なら基本誰でも利用でき、使いみちも制限がほぼないという点です。

そして最大のメリットは金利が低いという点になります。

年金担保貸付で「年2.8%」、労災年金担保貸付は「年2.1%」という低金利ですので、かなりの好条件で借入でき、その分だけ発生する利息も低めです。

個人でお金を借りる方法まとめ

個人がお金を借りるなら、その方法は次の7つが中心になってきます。

  • カードローン・キャッシング
  • フリーローン
  • 目的別ローン
  • 国や市役所
  • 保険の契約者貸付制度
  • 年金担保融資
  • 質入れ

このため、お金を借りたい場合は今回の記事を参考にしたり、キャッシングおすすめなどで検索したりして、この7つの中から最適な借入方法を選ぶようにしてください。

インターネットで書かれている口コミや評判は正しいのか?

お金を借りる場合にスマホやパソコンで調べるのは、借りたい業者の口コミや評判です。

これはお金だけの話ではなく、物を買うときや外食するとき、ホテルに泊まるときなど、日本人は昔から口コミや評判を調べる癖があります。

これは、実際に利用した人の率直の感想を知りたいがために調べているのです。

もし外食で2つの店舗で迷っているとき、食べログなどの口コミを見て決める人も多いでしょう。

もし食べログに書いてある口コミが酷い内容だった場合、今の時代は大きなデメリットになります。それほど日本人にとって口コミや周りの評判というものは意思決定をする大きな材料になっているのです。

これはお金を借りる行為に関しても同様です。自分が今から申込しようとしている業者で、利用した人がどうだったのか?対応や審査基準などを知りたがっているのです。

しかし、GoogleやYahoo!で検索して出てくるその情報は本当に正しいのか?信用して良いのか?疑問に思いませんか?

ネットでの口コミ・評判は全てが本当ではありません

インターネット上で見れる口コミや評判は全てが本当ではありません。

例えば「プロミス 口コミ」で検索してプロミスについて調べたとしても、検索結果に出てくるのはプロミスの良い事しか書いていないのです。

これはそのWEBサイトを作っている人の考えに左右されてしまうからです。

実際に食べログなどでも真実の内容であっても、店のイメージを損なう書き込みは消されてしまいます。

そう考えると、世の中に出ている口コミはどれが本当でどれが嘘なのか正直分からないのです。

お金を借りるときに本当の口コミを知る手段は難しいのが現実です。

なぜなら、借金自体を内緒で借りている人がほとんどなので、自ら消費者金融で借りてましたと名乗り出る人はあまりいないからです。

本当の口コミや評判を調べるならどこを見ればいいのか?

では、本当のリアルな口コミや評判を調べるならどうすればいいのでしょうか?

実際に利用した友人や知り合いがいれば聞くのが一番リアルですが、先ほども書いたように借金を内緒にしているので、そもそも分かりません。

2ちゃんねるなどの掲示板サイトの方がリアルな口コミがあると言う人もいます。

しかし、掲示板は一方的な書き込みだけで作られており、それが真実か知る方法もありません。

結論的に本当の口コミを調べるには、オフラインと同時にやはりネットで深く検索したり、インスタやTwitterなどのSNSも利用するしか方法がないのです。

当サイトでは大手消費者金融や銀行カードローンを掲載していますが、これらはどれもきっと満足してもらえる業者です。

当然中には対応が悪かったと言う人もいるかもしれませんが、実際その人がどんな取引状況だったのか?毎回延滞ばかりしている人なのか、一度も遅れたことが無い人なのかによって、当然業者の対応も変わってきます。

1つだけ確かなことを言うのならば、大手消費者金融と有名銀行カードローンで満足いかない人は、どこから借りても満足はできません。

それほど接客対応、会員サービスの質は日本でもトップクラスになっているからです。

お金借りたい人はそれらの点も踏まえて借りるようにしましょう。

更新日:

Copyright© お金を借りるなら?お金借りたい人必見!おすすめ5選をとことん説明! , 2020 All Rights Reserved.