カードローン審査まる分かりチェック

カードローン審査まる分かりチェック!

カードローン審査には一定の審査基準が設定されています。自分自身が審査に通るのか不安な人、初めてカードローン審査を受ける人などは、ある程度審査内容を把握してら申込みすることが、借りられる重要なポイントとなるのです!

 

当サイトではカードローン審査に関して、専門家によるまる分かりチェックをしています。ぜひ参考にしてみてください。

 

カードローンの審査における重要なチェック項目

最近の消費者金融のカードローンは無利息期間や付与ポイントなど様々なサービスが提供されていることから、カードローンに申込む人が増えていますが、審査に通る人は2人に1人程度でしかないのが実態です。

 

その理由は現在の消費者金融は貸金業法による厳しい規制にあって一昔前のような大量の貸出や莫大な利益が取れなくなっているため、貸し倒れを吸収できる余裕が無いことから、融資におけるボーダーラインが非常に高くなっているためです。

 

なお、審査で厳しくチェックする項目には主に、以下のことがあります。

他社借入額

現在は貸金業法の総量規制による貸出制限があるため、他社カードローンからの借入残高を入念にチェックしています。

 

なお、審査においては利用者の個人情報を必ず信用情報機関に照会しているため、利用者の借入のすべてが把握できるようになっています。そして、他社カードローンから年収の3分の1に近い借入がある場合は、貸出を認めることは絶対にありません。

利用件数

他社カードローンの利用件数も審査に大きく影響します。カードローンの契約を結ぶと利用限度額が設定され、利用限度額の範囲内での借入が可能になります。

 

従って、現時点では借入金額が少なくても、常に利用限度額に対する満額の借入になる可能性があります。そのため、利用件数が多いとそれだけ回収不能になるリスクが内在していることになり、利用件数が4件目になると審査に通る可能性が極端に下がります。

 

このことから、利用件数は少ない方が審査に通る可能性が高く、件数が多い人は、借り換えローンやおまとめローンなどで、件数を減らす事も有効と言えます。おまとめや借り換えに関しては、オリックス銀行カードローン審査の体験談!口コミも掲載が参考になると思いますので、おすすめです。

虚偽の申告

カードローンというのは一種の「信用取引」になっています。担保が無く、保証人もいないため、消費者金融は利用者を信用してお金を貸し出します。

 

従って、信用が無くなればその時点で取引が成立しなくなります。例えば、申込書に記入されている内容と信用情報のデータに食い違いがあると、それだけで審査に通らなくなることがあります。特に、勤務先は返済の基になる収入源でもあるため、重要視されています。

返済事故

カードローンの利用者の中には過去に数カ月も返済を延滞したり、債務整理を行ったりした返済事故の履歴を持つ人が少なくありません。その記録は信用情報機関に登録されており、それが「ブラックリスト」と呼ばれています。ブラックリストに登録されている期間中の借入は不可能です。

申込ブラック

申込ブラックというのは短期間(1カ月程度)に複数(3件以上)のカードローンに申込をすることを言います。この場合は異常な申込と捉えられ、利用者の悪意や、返済不能のリスクから回避するため、審査からオミットされます。

カードローン審査担当者は主に、受付だけする女子社員と(パート・アルバイト)と、審査の合否を判断する決裁者の人間に分かれます。

 

ここでは、受付する人と、決裁者に人間の本音を語ってみたいと思います。

カードローン受付担当者の本音

  • はっきり言って、人が嫌がるような個人情報や借金の経緯などは聞きたくない。
  • 電話での申込みの場合、滑舌が悪い人は聞き取れない場合が多く、聞き返すのにストレスが発生する。
  • 住所が自分の家の近くの人などからの申込みや知り合いの申込みは非常に気まずい。
  • 借金は無いと電話で言っていた人ほど、信用情報を見ると、多くの借入がある場合がある。
  • 資金使途はレジャーという人はまず、嘘だと思っている。
  • 「そこまで聞く必要あるの?」と言われると、その後の項目も聞きづらくなる。

決済担当者の本音

  • 支店によって、貸付目標があるので、本音を言えば申込みあった人すべてに融資をしたいが、管理(延滞率)や、その後の貸付チェックなどで上司に怒られるので、貸したくても貸せない。
  • 長年カードローン審査の決済をしていると、勤務先の会社や役職、年齢などで年収が予想されるが、審査に通りたいために嘘をつく人が意外に多い。
  • 電話で話すと、借りたい一心で真面目に返済をしますと言う人ほど信用できない。(特に過去に債務整理や破産をした人)
  • 人間性が悪い(口調が悪い・態度がでかい)人には、後の管理の事を考えて絶対に貸さない。
  • なんで断られたか理由をしりたいと粘る人がいるが、絶対に教えない(教えるとまた切れる)

受付担当者と決済担当者の本音はこんな感じです。今はインターネットによる申込みが多いので、受付担当は直接顧客と電話で話す機会は少ないですが、昔は電話でも申込みやフリーダイヤルでの申込みが大半だったことから、聞き取りに非常に苦労していたのです。

 

決済担当者に関しても、貸した後の延滞や貸付率のチェックなどによって、上司に説教されることもあることから、貸付は慎重になってしまうのです。(出典:オリックス銀行カードローンは最短即日審査で借りれるのか?

続きを読む≫ 2014/09/20 17:35:20

消費者金融審査が通らない!と躍起になっている人がいますが、何度申込みしても、自分自身の首を絞めつけるだけで、一向に審査が通る事がありません。

 

審査とは、数撃てば当たる的なものは一切無く、何度も審査に落ちている人はそれだけの理由があることをまずは、自覚しなければなりません。

 

そして、審査に通らない項目を一つ一つ検証して改善することが、消費者金融の審査は通るようになるのです。

審査が通らない人が多いのは信用情報の延滞

審査に通らない人が多い1番の原因は他社の返済が遅れている人です。消費者金融の審査では必ず指定信用情報機関の信用情報を調査することになっていますので、他の借金の支払いが遅れているのはすぐに分かるのです。

 

もし、返済が遅れていて審査に通らなかった人は、きちんと返済を済ませてから申込すれば違った結果が出る可能性は充分にあります。

過去に3か月以上延滞した人は事故情報になっています

過去に消費者金融やクレジットカードのキャッシングを3ヵ月以上延滞したことがある人は、信用情報に事故情報として登録されています。これを「ブラック情報」と呼んでいますが、この事故情報は過去に債務整理や破産をした人と同じレベルで取り扱われるので、まず審査に通る事がありません。

 

自分自身の信用情報は指定信用情報機関のJICCやCICに確認すれば開示が可能なので、心配な人は自分の情報を見てみることが重要となります。

 

消費者金融審査を通すポイントと聞くと、難しそうに見えますが、審査はごく単純なのです。まずは、自分自身の情報や返済を確認することが最初の第一歩なのです。

続きを読む≫ 2014/08/06 12:06:06

近年の消費者金融のカードローンは即日融資が当り前のようになっていますが、即日融資が可能になった背景には審査に要する時間が短くなったことがあります。

 

現在では各消費者金融のホームページには「審査時間が最短30分」という文字が強調されています。

 

ちなみに、消費者金融の審査は通常、自社のシステムに基づく仮審査と、信用情報機関に照会した信用情報に基づく本審査の2段階で行われます。

仮審査と本審査の内容とは?

仮審査では申込者から提出された申込書類に記載されている生年月日や住所、勤務先、雇用形態、年収などの属性情報によって大筋での貸出の可否を判断します。

 

また、仮審査の段階で申込者の勤務先に電話をして在籍確認を行います。そして、現在の大手消費者金融の仮審査で行われているのがコンピュータによる「スコアリングシステム」であり、このスコアリングシステムが採り入れられたことで審査時間が大幅に削減されました。

 

スコアリングシステムというのは、簡単に言うと過去のデータを参照して申込者の返済能力を判定するものです。消費者金融は長年に渡って貸出を行っているため、莫大な数の利用者の記録が蓄積されています。

 

色々な年代や年収の利用者、様々な職種や雇用形態の利用者、借入額の多い人や少ない人、返済の確実な人や延滞の多い人など、ありとあらゆる属性の人の借入実績がデータとして保管されています。

 

スコアリングシステムでは、始めに莫大な数の利用者を年齢や収入、職種、雇用形態、勤続年数、年収、住居、家族構成など、同様な属性情報を持つ利用者ごとにクラス分けします。

 

次に、そのクラスに属する人の借入実績を調査し、クラスごとの評価数値を算出してコンピュータに入力します。

 

つまり、同じ属性の人に延滞や債務整理の履歴を持つ人が多ければそのクラスの評価は低くなり、安定的な借入や確実な返済の人が多ければそのクラスの点数は高くなります。

 

そして、カードローンの申し込みを受けた際にその申込者の属性をコンピュータに入力すると自動的に同じ属性のクラスと照合されて申込者の評価が出力されてきます。

 

申込者の属性が高ランクのクラスに入っていれば、高点数となって貸出の可能性が高まりますし、低ランクのクラスに該当すると、貸出を拒否されたり、利用可能額が少額に抑えられたりします。

 

一方、本審査では仮審査の結果を基に、信用情報機関に照会した申込者の信用情報をチェックして最終判断をします。

 

信用情報では他社カードローンからの借入残高や、カードローンの利用件数、返済事故などを確認します。仮審査が優良で信用情報に問題が無ければ、この時点で貸出・可となります。

 

信用情報や借り換えでの借入残高減少については、カードローン借り換え比較ランキングが参考になると思います。

続きを読む≫ 2014/08/06 11:40:06